2022年9月29日 (木)

小学校の先生の問題でついでに思い出した兄貴のこと

 久々のブログです。前立腺癌の経過はいい感じがしていたのですが、9月になってからなんとなく尿意が近くなってきた気がします。時々夜に起きてトイレに行くこともありますし。来月に久々の検診なので経過がどうなのかわかるかもしれません。

 時々学校教諭の言動が問題になります。今日見てニュースでは、50代の小学校教員が「無視しましょう。」とか、医学的根拠もなく、「発達障害だから。」と発言していたそうです。

 テレビをつらつらと見ていて自分が小学校の時を思い出しました。田舎の小学校なので、兄弟三人が同じ先生に教わりました。私がその先生に教わったのは小学2年生の時でした。当時はドリフの「8時だよ全員集合」、堺正章の「ハッチャキまちゃあき」、クレイジーキャッツの「シャボン玉ホリデー」がテレビで放送されていて、お笑い第一次ブームみたいな感じでした。ちなみに私の定義だと第二次は高校一年の時の「俺達ひょうきん族」と漫才ブームです。

 ちょっと脇道にそれましたが、自分もクラスで面白いことをやったり、言ったりすることが楽しくて仕方がなかったような気がします。その裏返しで、私は普段から落ち着きがなかったのでしょう、ホームルームでの家に帰る前の連絡を聞いていなくて、えっ、さっき先生何言ったの?と言うことがよくあったような気がします。もう50年も前のことなので記憶は曖昧です。

 その時の担任の先生の対応は、「聞こえていなかったのか。補聴器を使った方がいいぞ。」でした。

 今だったら、父兄に知れたら、彼は自宅謹慎でしょう。でも、当時は、違いました。私もまだ純真な子供だったので、先生から何度も補聴器を使った方がいいぞ、と言われて、母親に病院に連れて行ってくれ、と頼んで、親も渋々大学病院に連れて行きました。紹介状もなしに行けたのですから、今思うと大学病院の敷居も低かったのです。そして、母親も先生の対応について疑いを持つ、という感覚がなかったのだと思います。

 面白くていい先生だったのですが、今の自分の年齢で思い出すと、感情の振れ幅が大きすぎて、怒ると相手が子供であってもストップができなかったです。同級生で当時おしっこ臭い子がいたのですが、「お前のことをこれから寝小便しったろうと呼ぶぞ」、と言ったり、私の兄が親のことを悪く言われたと言って、授業中であるにも関わらず家に帰ってきたことがありました。この時は私は保育園(まだ教育機関ではなかったので幼稚園ではなく保育園)に入ったかその前だったような気がしますが、これも当時衝撃でした。今なら言葉にできるのですが、相手が先生だろうと兄貴は怒った時はやるんだ、という本質を見た気がしました。

| | コメント (0)

2022年6月29日 (水)

ハノイの蚊の吸血論文がアクセプトされた

 懸案だった論文がやっとアクセプトされました。というか、自分もその雑誌の編集委員だったので、査読中の論文の進捗状況を知らせるメッセージが来たので、クラウドを覗いてみたら通っていました。

 最初の投稿は2019年でした。疫学的な要素も取り入れた方がいいという示唆を取り入れて書き直したら、リジェクト。次の国際誌では編集長がいろいろコメントをしてくれて、とりあえず保留にするからじっくり練り直して再投稿してみてくれ、というので1年くらいかけて書き直して再投稿したらその間に編集長が変わってリジェクト。三番目の国内誌は返答がくるまで三ヶ月近くかかったけれども、リジェクト。もうここがダメだったらボツだな、と思って知り合いが編集長をやっている国内誌に投稿してやっと通してもらいました。
 共著者の一人がバイク事故で植物人間になってしまったので、なんとか論文として残したかったので、とにかくよかった。

| | コメント (0)

2022年5月10日 (火)

放射線の影響とあと一ヶ月間禁酒

今日で陽子線治療が終わりました。いつもは患者が多くて待たされたり、直前に出してしまって溜まるまで待ったりするのですが、今日はどれもすんなりいきました。終わった後でアンケートに回答して、保険会社へ提出する書類を受付に依頼して任務完了。

行きがけにたまたま見つけたJAやさとの地元野菜売り場に寄って野菜と大判焼きを買い、安いガソリンスタンドで給油して家に戻りました。

明日から、野外調査が始まります。

トイレはかなり近いです。通常で2時間も持ちません。昨日の先生の話だと、2週間は副作用が出るので、1ヶ月間は禁酒で温泉もダメだそうです。排尿以外は別になんともないと思っていましたが、入浴時に脚の付け根の部分が赤くなっていました。やっぱり放射線照射の影響って皮膚にも出るんだと実感しました。

| | コメント (0)

放射線の影響とあと一ヶ月間禁酒

今日で陽子線治療が終わりました。いつもは患者が多くて待たされたり、直前に出してしまって溜まるまで待ったりするのですが、今日はどれもすんなりいきました。終わった後でアンケートに回答して、保険会社へ提出する書類を受付に依頼して任務完了。

行きがけにたまたま見つけたJAやさとの地元野菜売り場に寄って野菜と大判焼きを買い、安いガソリンスタンドで給油して家に戻りました。

明日から、野外調査が始まります。

トイレはかなり近いです。通常で2時間も持ちません。昨日の先生の話だと、2週間は副作用が出るので、1ヶ月間は禁酒で温泉もダメだそうです。排尿以外は別になんともないと思っていましたが、入浴時に脚の付け根の部分が赤くなっていました。やっぱり放射線照射の影響って皮膚にも出るんだと実感しました。

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

今年の黄金週間

黄金週間は暦通りに休みを取り、前半と後半に群馬の実家に帰って庭木の手入れをしたり、墓の清掃をしたりしました。陽子線治療を始めてから運動不足気味で、少々太ったので、休みの間はなるべく歩くようにしました。

平日は毎日筑波大附属病院に通いましたが、これも残すところあと2回になりました。尿を我慢できなくて病院に着いてから治療前に出してしまったりもしましたが、最近は1時くらいに多少余裕があっても出しておくと楽なことがわかってきました。病院で受付を済ませたらすぐというわけにはいかず、待たされる場合もあるので、多少余裕を持っておくようにしています。それでも、1時間たったくらいでトイレに行きたくなることもあります。来週、長崎大学で2コマ講義があるのですが、講義中も不安ですし、それよりも行き帰りのバスや電車が不安です。恥ずかしいですが、いざとなったら簡易トイレかなあ。尿漏れパンツでは抑えきれないようですし。本当に嫌な気持ちになります。

| | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

陽子線治療と尿のトラブル

 4月6日から平日は毎日、午後は療養休暇を取って筑波大学附属病院へ通っています。前立腺癌の治療のために陽子線を患部に当てています。照射する時間自体は5分程度なのですが、その前に膀胱の大きさを毎回同じ程度に調整します。尿の量をエコーで計測するのですが、多かったら何ccか排出するし、足りなかったら水を飲んで待ちます。50ccくらいなら何とか調整できるのですが、150ccくらいだともう一気に出す感じになるので途中で止められません。全部出してしまって、また一からやり直し、2時間くらいかけて待ったこともありました。

 治療を開始する前に、研究室のミーティングの後で、自分から前立腺癌のために1ヶ月ほど通院するので、業務で皆に迷惑をかけることもあるかもしれないと説明しました。全部で21回ですが、連休がかかるので、終わるのは連休明けになります。

 昨日で16回が終了。あと5回。尿漏れになったりすると病院からの説明書に書いてありましたが、尿意を感じると待てなくなりましたし、夜も2時間おきにトイレに行くようになりました。朝、出勤前に尿漏れでパンツを汚したりすると、パンツを洗っていて情けなくなります。

 とりあえず、癌の治療が第一なのですが、尿のトラブルも改善するのかなあ。

| | コメント (0)

2022年3月 3日 (木)

今年度の室内成果発表会

 年度末になって、これまでの成果をまとめる作業が多くなりました。

 今日は、研究室での1年間の研究活動のまとめを各自が発表しました。テーマはどちらかというと上から託されたものであり、最初の年だったこともあって、まず新しい研究対象に慣れることに時間をかけました。後半はこの研究からもっと掘り下げられるテーマを探した1年間でした。

 植物病理も一緒の研究室なので、話についていけない、わからないテーマも多いなか、人を押しのけておいて、こんな程度か、と腹のたつ内容もあって、ストレスの溜まる発表会でした。正直言って、昨日の晩に報告書を見た時から、あれだけ、研究をやっているんだといいながら、中途半端な結果を見せつけられて腹が立っていました。ただ数が多けりゃいいってもんじゃないだろー、と言ってやりたくもなります。

 悶々とした気持ちのまま、明日は、任期付研究員の発表会に向けて発表練習があります。

 

| | コメント (0)

2022年1月27日 (木)

年明け早々どん詰まり

第三者にカードを不正利用されたことがわかったため、昨年末にカードを作り直しました。

今年最初のカードの請求書が届いたのですが、よく見ると使った覚えのない中国の団体から請求が来ていました。同じ日に3件で合計3万円くらいでした。気づいたのが週末でカード会社は休みだったので、ネットで予約だけ入れておきました。

もしやと思って、さらに過去に遡ってみると11月上旬に日本のUSJとチケット会社から合計8万円くらいの請求がありました。

月曜日に電話で事情を説明したところ、今月の不正請求は取り下げられて、カードもまた新しいのを作り直すことになりました。また、11月の分については国内の担当者に引き継がれましたが、調査に時間がかかるのでしばらく待って欲しいということでした。

なんなんだろう。とりあえず、今度はパスワードからなにからやり直そうと思います。

仕事ではカイガラムシの雄の同定に手を焼いています。どうにか入手した文献に鍵となる形質が記載されていたのですが、今日実物を調べてみましたが確認できませんで技術情報を目指します、とか、まだ普及のレベルまで達していない、というようなコメントが聞かれます。要するに研究が一番低いわけですが、新しいものが何もないのに、既に他の人が発表した内容を県で確認しただけでどうして研究なんだよ、と言いたくなるような仕事もみられました。

今年度はまだ成果が出なかったので、私は発表はありません。それよりもカイガラムシの雄の同定に手を焼いています。どうにか入手した文献に鍵となる形質が記載されていたのですが、今日実物を調べてみましたが確認できませんでした。八方塞がりの状態です。

| | コメント (0)

2022年1月15日 (土)

合気道を再開して4ヶ月

 奉納式というか鏡開きというか日曜日に演武会がありました。各支部長が来て、皆さんが技を披露しました。本部である岩間道場は全員がやりました。子供クラスの杖、そして私でした。そう、下から演武をしました。

 前の日の稽古で受けをしてくださった方から、大丈夫か、と言われるほどポンコツだったのですが、先代が演武を始める前に仰った、技はいつもより上手くやろうとすると失敗する、いつも通りにやればいい、という、どこかで以前聞いた言葉に、その通り、と納得して、別に4ヶ月経ってもこのザマだから、いつも通りにやればいいさ、と開き直ってやりました。

 どうにかというか、あっという間に、終わりました。そらそうでしょ、基本の三種目しかしないのだから。

 木曜日の稽古の後で、初めて若先生から、よかった、と褒めてもらいました。

 これまでもう辞めたろか、と何度か思った稽古でしたが、また、続けようと思った日でした。

| | コメント (0)

2022年1月 8日 (土)

人生の意味

歳をとったせいか考えることなのですが、結局は人生(人間)は自分以外の人をどれだけ幸せにできたかということに、いつ気がつくか(目覚めるか)、ということに収束するのではないかと思います。

若い時は、自分の目指した分野で成功してリッチになってとか、異性にモテてとか、そんなことを考えるのが多分一般的なことなのでしょうが、じゃあ実際にそれを達成してしまったら、何が残るのでしょう。

フィギュアスケートの羽生君が、自分が滑ることで皆さんが、…とテレビでコメントしていたのを見て、あー、目標を見失ってるし、疲れているんだろうなあ、と感じました。実際、10代から20代の時に成功してしまうとそれがその後負担になるのはなんとなくわからないでもないです。

だからと言って、いつまでもそれを先延ばしにするのはもっとよくないです。

自分の得意なことを行動することで自分が食べていけるだけではなくて、なんらかの経緯を得て第三者を幸せにできるなら、それに越したことはないでしょう。そして、それを天命と納得できた時からそれに邁進できるなら、それこそが人生の意味ではないかと思った、今年の正月でした。

| | コメント (0)

«2021年の十大ニュース