« はじめに | トップページ | もうすぐ師走 »

2007年11月24日 (土)

ハインリッチと早慶戦

 今日は勤労感謝の日。本来なら朝一番の飛行機で羽田へ飛んで、午前中は新国立美術館でフェルメールの絵を見て、午後はラグビーの早慶戦を見る予定でした。残念ながら、今やっている蚊の産卵行動と孵化率のデータ取りをやらなければならないので、早慶戦はビデオに録画して、フェルメールの絵は来月に延ばすことにしました。

 研究所へ行く途中でお弁当を買い、ついでにミスタードーナツでおやつ用のドーナツを仕入れて、11時過ぎに職場に到着。ここ2、3日、取ったデータの入力をやらずに帰っていたため、1時過ぎまでひたすらデータを入力しました。

私がデータを早くパソコンに入力しないと落ち着かなくなったのは、ハインリッチの本の影響かもしれません。彼の「ヤナギランの花咲く野辺で」は現在絶版となっていますが、生き物好きだった少年が研究者として一人立ちしていく過程がいきいきと描かれていて、お勧めの本です。この本の中で、彼が野外で蜂の飛翔時の体温を測定したあとですぐにそれをグラフ化して、温度変化の傾向を確かめる場面があります。「獲物を追いかけるハンターが常に入念に獲物の足跡を辿るように、研究者はデータを辿っていかなくてはならない(かなりうろおぼえになっています、ハインリッチさん、翻訳者の方、すみません)」とたしか書かれていたので、10年以上前ですが、読んだあとで早速真似しました。良い習慣をつけさせてくれたこの本に感謝。

お昼を食べてから実験して、終わったのは8時半でした。帰りがけにスーパーでエビスと餃子とその他のおかずを買って、録画しておいたラグビーの試合を見ながらビールと芋焼酎を飲みました。だけどやっぱり秩父宮でラグビー好きのおっさんの解説を聞きながら生で見たかったなあ(なぜかこれまでサッカー観戦やラグビー観戦に行くと、ぶつぶつ一人で解説をするおじさんの隣になることが多かった)。そういう私もすでにおっさんやなあ。 

|

« はじめに | トップページ | もうすぐ師走 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハインリッチと早慶戦:

« はじめに | トップページ | もうすぐ師走 »