« 生物学の講義 | トップページ | 乗馬 »

2007年12月 9日 (日)

展覧会のはしご

 朝一番の飛行機で羽田に飛んで、まずは乃木坂に行きました。新国立美術館の「フェルメール展」を見てきました。予想通りの混雑でした。けれど、やっぱ、「牛乳を注ぐ女」はいい!気持ちが安らぎます。オランダの風俗画はおもしろい。酔っぱらいばっかしです。

 フェルメール展を見終わって、クリアファイルとポストカードを買って出ようとすると、今後の展覧会やら他の美術館のチラシがありました。なになに、今度はモディリアーニが来るのか。惹かれる....

 ふと、ムンク展のチラシを見ると、今、西美でやっているではないですか。当初はサントリー美術館に行くつもりでしたが、チラシに載っていた数枚のムンクの絵が気になって、急遽予定を変更しました。表参道から銀座線で上野に向かっていたのですが、上野の二駅先の田原町に森さん(北大の森先生ではありません)のお墓があるのを思い出して、まず、お墓参りに行きました。長崎に行く前に墓前に報告しようと思っていたのですが、ばたばたしていてできなかったので、今日ようやく報告できました。

 浅草で軽くお昼を食べてから、上野のムンク展に行きました。これまで「叫び」くらいしか彼の絵を知らなかったのですが、他の絵を実物で見ているうちにだんだん好きになってきました。特に色彩がとても好きになりました。構図も(当然ですが)巧みで、自分のプレゼンでも一度使ってみたいと思いました。私は普段図録を買わないのですが、今回は買ってしまいました。

 それから両国の大江戸東京博物館の北斎展へ。かなりの作品がありました。時間帯のせいもあるのか、ここは今日見た中でもっともすいていました。それで人の流れに沿ってじっくり見ていったため、全部見終わるまで2時間近くかかりました。

 羽田に向かう途中で、銀座の鳩居堂に寄って和紙を少し買いました。今年の6月にベトナムからTさんが日本に来たときになにやら和紙を買おうとしたのですが、長崎には彼女の望むのがなくて買えずに帰りました。具体的にどんな和紙かわからなかったのですが、私の独断でいかにも日本的な紙細工と折り紙を買いました。この前のホーチミンの調査でも彼女には本当にいろいろと世話になりました。フェルメール展ではホーチミンのLさんにクリアファイルを買ったので、一緒にベトナムに送るつもりです。

|

« 生物学の講義 | トップページ | 乗馬 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展覧会のはしご:

« 生物学の講義 | トップページ | 乗馬 »