« 福毛 | トップページ | 立ち飲みと健康診断 »

2008年3月 8日 (土)

もがくテーマと募金に隠された激励

 ベトナム出張中にもリサーチの学生二人に一回目のデータを取ってもらっていたのですが、今日から二回目の蚊の産卵行動の実験を始めました。この実験の予備データの結果をベトナムと先日の研究室のセミナーで発表しましたが、どちらも突っ込まれまくりでした。教官なら本来完璧な発表をしなければならないはずですが、私はごまかしとハッタリができないため、リサーチのFさんにはかなり不安を与えてしまった気がします。まだまだ自分の研究テーマについて勉強不足です。ただし、今回のデータが加わればそれなりに結論が出ると思います。

 先日、千葉大から園芸学部創立100周年記念事業の募金が来ました。封筒を開けてみると、当時の指導教官であるA先生から直筆で、「お変わりなく魂を込めて研究に取り組まれているかと存じます。道は必ず開けますので、今を大切になさってください。」との文が書かれていました。A先生には先日、四月以降のことで多少落ち込んでメールを出したので、その返事をこのようなかたちでいただいきました。

 衛研時代、野球部に所属していました。後半はピッチャーもやっていましたが、私の球は重い、速さはなくて剛球、と言われました。重い直球。生き方、学生への指導、そのまんまです。

|

« 福毛 | トップページ | 立ち飲みと健康診断 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もがくテーマと募金に隠された激励:

« 福毛 | トップページ | 立ち飲みと健康診断 »