« やっぱり必要、ベトナム語 | トップページ | 家具が来た! »

2008年4月29日 (火)

秘書さんの面接

 昨日、今日と新しい秘書の人の面接をしました。2日間とも4人ずつを予定していましたが、結局、昨日は3人、今日は2人の方が来ました。面接をしていて気づいた点は、面接に来た人たちの6人中4人が父親は大学教授でした。みなベトナムの中ではアカデミックな雰囲気の家庭でのびのびと育ってきた印象を持ちました。結局、そのなかで一番落ち着いて、しっかりした感じの方が最終候補に残りました。

 最終候補のもう一人は今日最後に来た人で、子供が二人いる人でした。外国人向けの観光ツアーを企画する韓国系の企業にいたそうで、交渉やホテル・飛行機の予約はかなり慣れているようでした。正直なのも好印象でした。彼女が来るまではもう昨日の人に決まったようなものでしたが、最後に彼女に会って面接した私たちに迷いが生じました。これから夕飯を食べながらスタッフで話し合って選考します。

 前の人と比べながら、それぞれ話を30分も聞いていると(もっぱらHさんが話してくれて私は観察していました)、なんとなくこの人はうまくやっていけそうかどうか、わかります。正確に言うと、うまくやっていけない感じの人がわかります。面接の最中に渡された名刺を丸めていたり、面接が終わってから握手をしてきたり、文化の違いからくる違和感かもしれませんが、日本人スタッフの中で、そして日本から来るお客さんを主に相手にして働くのであれば、そういう人にはマイナス点をつけたくなります。

|

« やっぱり必要、ベトナム語 | トップページ | 家具が来た! »

ベトナム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘書さんの面接:

« やっぱり必要、ベトナム語 | トップページ | 家具が来た! »