« 研究テーマでまだ悩む | トップページ | メールでのミス »

2008年6月26日 (木)

パスツール研での打ち合わせ

 今日は日帰りでホーチミン市のパスツール研究所に行ってきました。7月からホーチミン市郊外で行う予定の野外試験の打ち合わせです。ハノイから私とデング熱ウイルスの専門家のHSさんとで朝9時に研究所を出発しました。ホーチミン空港にはパスツール研のTNさんが迎えに来てくれていました。

 今回、私は蚊の採集と蚊からのウイルス抽出を行う予定で、パスツール研のウイルス担当のHさんとの話し合いの中で、垂直感染について調べたいと述べました。そのあとで具体的な数字の見積もりについて相談したのですが、私のど下手な英語の説明の仕方がなぜか彼女のつぼにはまったらしく、よくわかりませんがずっと笑い転げていました。生態とか行動とかの説明ならまだしも、ウイルスとかの話だと皆目何言っていいかわかりませんし、身振り手振りと片言の英語で伝えようとしてもしんどいです。あとでTNさんに聞いたら、おまけに顔が真っ赤になっていたとか。何とか協力はしてくれそうですが、詰めが足りなかったことを反省して、HSさんともう一度サンプル数などを検討しなおすことにしました。まだ、話し合うことはあったのですが、帰りの飛行機に間に合わなくなりそうだったので、蚊のサンプリングで切り上げて、空港に向かいました。HSさんはいろいろ確認できてよかったを話していましたが、私は説明する時間が足りなくて、いまいち納得がいきませんでした。

Photo_2

パスツール研の室長のLさんが私たちのために用意してくれたココナッツジュース。水にしては濁っていると思って、これ何ですかと尋ねたら、果汁を取る前の果物を持ってきてくれました。味は微妙に甘い感じです。健康に、特にお肌にも良いと説明してくれました。

|

« 研究テーマでまだ悩む | トップページ | メールでのミス »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パスツール研での打ち合わせ:

« 研究テーマでまだ悩む | トップページ | メールでのミス »