« コウモリのダニ取り | トップページ | 嫉妬深いベトナム人 »

2008年7月29日 (火)

一気に沈没

 昨晩遅くにフィールドからハノイに戻ったのですが、この土、日はきつかったです。

 土曜日はコウモリが60匹近くとれて、午前中いっぱいHBさんに手伝ってもらいながらなんとか寄生虫を取り終えました。果実食のコウモリにはほとんど寄生虫がいないのですが、昆虫食のコウモリにはシラミバエをはじめ、マダニ、おそらく中気門か前気門と思われるダニがたくさんついていました。宿主の社会性や食性と寄生者との関係を調べるのに面白いかも、と考えています。

R0010663 今回、コウモリの共同調査をした研究所。こちらにはこういう屋根型の建物が目立ちました。最上階は博物館になっているそうです。この建物の向かいは警察署になっていて、撮影禁止区域とベトナム語で書かれていたそうです。一応勉強したけれど、読めなかったからいいか。こちらの所長さんはダニや飲みノミなどの外部寄生虫が専門で、私とかなりかぶります。帰る際に、ご自身が書かれた、ベトナムの寄生性節足動物の本を私と長崎大のT教授に謹呈していただきました。ありがとうございました。

 仕事の方は順調だったのですが、オフの方がしんどかったです。土曜日はダライサップ滝という観光地がコウモリを捕獲するフィールドでした。コウモリの捕獲は夜なので、早めに夕食を取り、というか飲み始めました。しかもウォッカを一気飲みで。お客さんが来たら、入れ替わり立ち替わり一気をするのがこちらの習慣らしいです。ベトナムの中部地域は少数民族がいて、今日はその人たちの民族舞踏を(最初だけ)見られました。受け入れ先の所長さんが、「チュノダア」と手招きするので、キャンプファイヤーの如く炎の燃えている前に置かれた酒樽からストローで蒸留酒を飲んで(たぶん)へろへろで席に戻ってからは断片的な記憶しかありません。TcさんとCoちゃんに介抱されてホテルに戻り、部屋のトイレで胃を空にしました。よく帰りの車の中で大丈夫だったなあ。

R0010703 カスミ網にかかったコウモリを捕獲しているところ。現地スタッフの皆さんは一気をしてからもちゃんとコウモリの捕獲作業をしていました(今回一緒に行った、フレラボに来ているベトナム人学生アシスタントのCoちゃんが撮っていた写真を見てわかりました)。まあ、捕獲したあとが私の仕事なのだからいいのですが。

 次の日は午前中どうにかコウモリのチェックをしました。果実食のコウモリばかりだったので作業は楽でした。11時から研究所のスタッフの人たちにブオンドン村という観光地に連れて行ってもらいました。ここには少数民族の人たちが住んでいて、変な木彫りの像があったり、象に乗ったり、いくつものつり橋を渡ったりと、観光としては面白かったのですが、やはり昼食はきつかったっす。お酒はビールだったのですが、また一気でした。しかも、メニューに出た鶏の丸焼きの頭の部分にお椀をかぶせてそれを回して、お椀を取った時に鶏のくちばしが指していた方角の人が一気をしなければならない、という体調の悪い私には地獄のような仕打ちがありました。それから、食後のデザートにドリアンが出されたのですが、今回私は初めて食べました。好きな人も大勢いるらしいですが、最後に空港に向かう帰りの車の中に匂いが残っていて、胸やけがしてまた吐きそうになりました。

 夕方は、こちらの現地スタッフの女性の結婚式にHBさんが呼ばれたので私たちも付いていきました。こちらの結婚式は派手で、五百人はいたでしょうか。また、研究所の方たちと同じテーブルに座り、一気。さすがに、すでにへろへろでしたが、一緒に一気してくださいと頼まれた女性とは一気をしました。おバカです。6時から式は始まり、9時の飛行機に間に合うのかと思いきや、7時半には早々とお開きになりました。でも、私はすでに沈没。あとで、あの時顔がどす黒かったよ、とHBさんに言われました。

 

|

« コウモリのダニ取り | トップページ | 嫉妬深いベトナム人 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一気に沈没:

« コウモリのダニ取り | トップページ | 嫉妬深いベトナム人 »