« オフィスの騒音と分類学 | トップページ | 調査開始の遅れ »

2008年8月 9日 (土)

ベトナム南部での調査の下見

 今、ホーチミンのパスツール研究所近くのネットカフェにいます。

R0010743

 木曜日、金曜日と調査地の下見に行ってきました。田んぼとエビの養殖場が一緒になった池に囲まれて家々がぽつんぽつんと点在しています。家と家とは田んぼのあぜ道でつながっています。どの家にも軒下に大きな水瓶を置いていて、そこに雨水を貯めて、生活用水として使っています。ずらっと並べられた水がめ。屋根から流れ落ちる雨水を手前のトタンで水がめに流し込みます。普段は水がめに蓋をしていますが、蓋が無くなったり、壊れていると、そこからネッタイシマカが入り込んで、卵をうみつけます。

R0010763_2

 調査地の下見を終えて、保健所に戻ってくるTNさんと地元の保健婦さん。もちろん二人乗りです。田んぼのあぜ道が家と家を結ぶ道路なので、車は幹線道路(といっても乗用車二台がやっとすれ違える程度)以外は走れません。バイクと自転車がここでは必須です。毎日、否でも平衡感覚が磨かれるでしょうね。お笑いの人ならここで落ちるのでしょうが、底まで2mはありますので、バイクを這い上げるのが大変です。

|

« オフィスの騒音と分類学 | トップページ | 調査開始の遅れ »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム南部での調査の下見:

« オフィスの騒音と分類学 | トップページ | 調査開始の遅れ »