« 事故現場と交通マナー | トップページ | オーバーワークと仕事を楽しむTRさん »

2008年8月13日 (水)

調査開始と日越の男女差

 調査2日目。本格的な調査が今日から始まりました。全部で6チームにわかれて、ボウフラの生息調査をしました。私は、パスツール研の新人スタッフと地元の役所のおじさん、保健所のおじさん、バイク運転手のおじさんと総勢5名で各家々を回りました。私もおじさんですが、新人を除いて皆さん人生の先輩でした。

 各家に着いたら、まず水瓶にボウフラ(=幼虫)と蛹がいるかを記録して、蛹を採集します。次に成虫を採集するためのトラップを仕掛けて、家の人に、上水道を使っているかとかいろいろアンケートをします。今回は、新人君と一緒ということで、私は彼が見落としがないか、見張る、嫌な役目でした。けれども、新人君は、KさんとA君に聞くまでわかりませんでしたが、去年までゲストハウスでガードマンをしていた人なので、ここでしっかり仕事を覚えてもらわなければなりません。Kさんは人手が足りないから今回だけ頼んでいるのではないか、と言っていましたが、確かTRさんは新人スタッフと言っていたはずです。ベトナムなので日本の常識で考えてはいけませんが、よく考えたら私は2年前までぷー太郎でした。ベトナムでは30代になってから勉強するために仕事を辞めるのはたぶん考えられないと思います。

 仕事の後、日本人三人とTRさんとで少し飲んだのですが、彼女から聞いた話は日本とは違っていました。日本では女性は現実的、男はおバカな理想主義というのが、たぶん私や私の友達の意見なのですが、ベトナムでは女性が理想主義で男が現実的だそうです。ふうーん。でも、ベトナムの男は酒と博打と女が好きだけど、それって現実的ではないよ、と言ってみましたが、彼女の言うには、それでも女性の方が理想主義らしいです。私はベトナム人の女性について勉強不足なので、これについては2年間の宿題にしたいと思います。

R0010791

 この田んぼのあぜ道をバイクに三人乗りして家々を回ります。今日は6軒の家を訪問したのですが、各家でお茶をいただきました。当然、調査している水瓶の水を沸かしていると思います。出されたものは残さず食べて飲むのが私のモットーなのですべていただきましたが、最後の家で出された、冷やした水だけは、飲めませんでした。出した家の方に失礼だったと思います。

|

« 事故現場と交通マナー | トップページ | オーバーワークと仕事を楽しむTRさん »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調査開始と日越の男女差:

« 事故現場と交通マナー | トップページ | オーバーワークと仕事を楽しむTRさん »