« 一日に二度頭を下げる | トップページ | ハノイの美術館 »

2008年9月29日 (月)

北朝鮮系のレストランとワインとカラオケに酔いしれた金曜の夜

 金曜日の午前中にはマーキングリキャプチャーをもう一度やり直すために、バッチャンにボウフラ取りに行ってきました。今後の計画も兼ねて、町の北部を中心に家々を回りましたが、あまり取れませんでした。おまけに、ボウフラを取るために、お爺さんが庭木にやるための水をバケツから撒けて怒られたりもしました。

 午後、来月からの6か月分のアパートの家賃を銀行から下ろして、夕方、大家さんに渡しました。本当は10月に入ってからでよかったのですが、このアパートを気にいっていますし、10月ま不在の日が多いので前もって渡しました。

 夜は、UCさん、YS教授、FYさんと私の四人で、北朝鮮系のレストランに行ってきました。真っ暗な公園のウォータースライダーの下にある、どうしてこんな場所にと、いかにも怪しい雰囲気のロケーションでした。料理はもちろん我々が朝鮮料理と呼んでいるそのもので、味はどれもおいしかったです。何といっても、7時半からウェイトレスの女性が衣装を着替えて、喜組のごとく歌と踊りを披露してくれました。いやあ、歌も踊りもうまくて、ザピーナツやキャンディーズの頃の昭和を思い出しました。YS教授はご満悦でした。

 二軒目はハノイには珍しくグラスで飲ませてくれるワインの豊富な店に行き、うまいワインを堪能しました。ここでも店の雰囲気とBGMにYS教授はノリノリになってしまい、結局、カラオケ屋に行って(カラオケ屋といってもベトナムのカラオケ屋はラウンジですが)12時まで歌いました。

 

|

« 一日に二度頭を下げる | トップページ | ハノイの美術館 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮系のレストランとワインとカラオケに酔いしれた金曜の夜:

« 一日に二度頭を下げる | トップページ | ハノイの美術館 »