« ハノイの美術館 | トップページ | ベトナム人の研修 »

2008年9月30日 (火)

目の回復具合とジャーナルクラブ

 一週間ぶりにフレンチホスピタルに行って受診してきました。目は中性を保っているのですが、まだ涙を分泌する細胞ができていなくて目が乾きやすい状態のままでした。人工の涙と目薬を頻繁に点していないと角膜を傷つけるそうです。仕事がらパソコンを使ったり、顕微鏡を覗いたりすることが多いので、目を痛めるのは致命傷です。回復までに数か月かかるそうなので、気長に取り組んでいきます。

 今日はジャーナルクラブの日で、私の担当でした。寄生虫と宿主との軍拡競争について書かれた論文を取り上げたのですが、方法の部分とモデルの消化が不十分だったためかなりわかりづらくなってしまいました。日本語で説明してどうにかわかってもらったので、ベトナム人のスタッフには申し訳なかったです。ダメ出しの日でした。

|

« ハノイの美術館 | トップページ | ベトナム人の研修 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目の回復具合とジャーナルクラブ:

« ハノイの美術館 | トップページ | ベトナム人の研修 »