« フレラボの勝手に忘年会 | トップページ | ベトナムが優勝して帰るのに難儀する »

2008年12月28日 (日)

我が身の過ちをケーキで償う

 土曜日から帰国する人がいるので、今年最後の昼食をいっしょに取りましょうとフレラボのTRさんから連絡が入ったので、日本人スタッフ4人とベトナム人スタッフ3人で食事に行きました。「紀伊」の裏側にある、ベトナム料理を中心とした食べ放題の店でした。皆でワイワイ食べて、そろそろ私はデザートを食べようかと思った頃、われわれのテーブルのわきを通ったベトナム人おやじが突然、オエー。となりのテーブルやあちらこちらで昼間から飲んで、全くいい気な人たちだと思っていたらこの有様です。日本人スタッフのUCさんのシャツの袖とズボンの尻に部分にオエーがかかりました。おやじやはそのまま従業員にトイレの場所を聞いて駆け込んでいきました。われわれはすっかり食欲もうせ、もう出ようということになりました。お店からはシャツのクリーニングを保証してもらい、それから少し会計をまけてもらいました。

 帰りのタクシーは私とCoちゃん、TRさんが一緒だったのですが、彼女らはまだ食べ足りなかったらしく、「UCさん、アングリー。ウィーアー、ハングリー。」と、うるさく、そのうち、今日の私の格好は年寄りくさいとか言い出して、八つ当たりし出したので、しょうがないからTRさんお勧めの、オペラハウス近くのベーカリーに寄ってケーキを買いました。以前ベトナムのバターたっぷりのケーキで懲りたことがあったのですが、日本人の人が手作りで作っているというのを信用して買ってみましたが、割とおいしかったです。3時のお茶の時間にフレラボスタッフ全員で食べました。彼女らは、ツノダはとても優しい、素晴らしい、と、途端に態度が変わり、ベトナムにも褒め殺しってあるのか、とその時思いました。

 それにしてもなんでゲロおやじの代わりに私がケーキを買わなけりゃいけないんだろう。ま、いいか、今年自分も数回出したから。

|

« フレラボの勝手に忘年会 | トップページ | ベトナムが優勝して帰るのに難儀する »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が身の過ちをケーキで償う:

« フレラボの勝手に忘年会 | トップページ | ベトナムが優勝して帰るのに難儀する »