« テトで実験室が断水 | トップページ | テト休暇最終日と日本からのお客 »

2009年1月26日 (月)

旧暦の大みそかと元旦

 今日は旧暦の元旦です。夜中にホアンキエム湖の方で花火がどかどか鳴っていました。それにしても車もバイクも少ないですし、歩道にはお風呂場の椅子に腰かけて飯を食っている人もいませんし、静かなものです。私にはこれくらいが落ち着きます。

 昨日は、NIHEに蚊のチェックに来た帰りに守衛さんのところでトラップされ、春雨ヌードルを食べながらビールを飲みました。ビールの合間にウォッカの一気が入ったのですが、昼間の酒はやはりこたえて、家に帰ってから寝ていました。腹も下してしまい、夕方、Y教授と日本料理屋に行く予定でしたが、お断りしました。今日はまっすぐ帰ります。

|

« テトで実験室が断水 | トップページ | テト休暇最終日と日本からのお客 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧暦の大みそかと元旦:

» ダル、北京教訓に“WBCの敵は審判” [ダル、北京教訓に“WBCの敵は審判”]
最大の強敵は審判!? 3月の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表入りが確実な日本ハム・ダルビッシュ有投手(22)が25日、WBCの審判対策に乗り出す考えを明かした。昨夏の北京五輪の経験を踏まえ、ストライクゾーンに違いがあるとされる国際審判を想定した投球練習の大切さを力説。マウンドでのポーカーフェースも課題に掲げた。  敵は米国でもドミニカ共和国でもなかった。ダルビッシュが“強敵”に掲げた... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 18時06分

« テトで実験室が断水 | トップページ | テト休暇最終日と日本からのお客 »