« 大みそかのベトナム語教師の更迭 | トップページ | 2日から仕事で2回鍋を食べる »

2009年1月 2日 (金)

元旦に考えた、十年後の自分

 年末にひいた風邪が治らず、元旦は一日部屋で一人で過ごしました。午前中に少し本を読んで、お昼にインスタントフォーを食べながら、先日アマゾンで購入した安全地帯のライブを見ました。午後は本の続きを読みながら自分の人生設計について考えたりしました。今日読んだ本は、坪田一男の「理系のための人生設計ガイド」というものでした。もう自分も研究室を持ってもおかしくない年ですから、研究室の運営とか、人生設計とか結構意識しています。十年後までには世界中の研究者が注目し、いろんなところから意欲のある若者が集ってくるような病害動物研究の拠点を築きたいです。ただし、家族の大切さを見失わずに実現したいです。

|

« 大みそかのベトナム語教師の更迭 | トップページ | 2日から仕事で2回鍋を食べる »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元旦に考えた、十年後の自分:

« 大みそかのベトナム語教師の更迭 | トップページ | 2日から仕事で2回鍋を食べる »