« もっと歩け、ベトナム人 | トップページ | 新年会で飲み疲れなのに、まわりは年越しモード »

2009年1月15日 (木)

バッチャンの蚊の同定と洗浄室の匂いで頭痛

 朝からバッチャンで取ってきた蚊の同定(種類を判別すること)をやりました。エント室長のYさんに私の力では判別できない標本を見てもらって、種を見分けるポイントを教えてもらいました。蚊やダニの同定は専門家でも本当に大変です。毛の配列がどうのとか、翅の模様がどうとか、素人さんから見たらそんなのどうでもいいじゃんと言いたくなるような形質(特徴)が同定の重要なポイントであることが多いです。なんとか11月からかバッチャンで採集した標本は夕方までかかってすべてやり終わりました。

 私のいるオフィスの隣は洗浄室なのですが、試験管や白衣などが朝から持ち込まれて洗われます。それは別にいいのですが、薬品の匂いがきつくて、オフィスのドアを開けたり、廊下に出ると頭痛がします。結婚していた時も奥さんがアイロンを使うと揮発性の物質が出るのでしょうか、頭が痛くなりました。そんななのでクリーニング屋の近くにはあまり行きたくありません。

|

« もっと歩け、ベトナム人 | トップページ | 新年会で飲み疲れなのに、まわりは年越しモード »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッチャンの蚊の同定と洗浄室の匂いで頭痛:

« もっと歩け、ベトナム人 | トップページ | 新年会で飲み疲れなのに、まわりは年越しモード »