« 最終日のトラブルとロンアン省調査への同行 | トップページ | 韓国とベトナムの男社会 »

2009年2月14日 (土)

ハイテクセンター内に閉じ込められる

 昨日はホーチミンから朝9時半の飛行機で戻り、午後2時からバッチャンに出かけ、先週仕掛けたオビトラップを回収してきました。久々にハノイに戻ると日中の気温が高くなっていて、汗ばむほどでした。オビトラップの中の水も黄色く濁りかけていたのもあり、汚水に発生する種類の蚊が出ているトラップもありました。それよりも、トイレ代わりに使われて、しょんべんが入っていたトラップがありました(涙)。

 NIHEに戻ってから採集した卵の数を数えたり、ホーチミン出張中のメールをチェックしたりで、仕事が終わったのが7時過ぎでした。さらに少しネットをいじっていたら8時過ぎになりました。急いで帰ろうとすると、中央玄関の自動ドアは電源を落としてあり、テト休み中に使っていた入り口から出ようとすると鍵がかかっていました。

 閉じ込められてしまった.....

 一応建物はハイテクセンターと名前がついていますが、熱研のようにIDカードで出入りできるはずもなく、建物の出入り口の鍵、各部屋の鍵はNIHE全体の入り口脇にある守衛さんの詰め所で管理されています。

 三階の電気がついていたので、三階のP3施設の守衛のお兄ちゃんに開けてくれと頼んでようやく外に出られました。かなり焦りました。せめて中に人が残っているか見回ってから鍵をかけてほしいものです。

 

|

« 最終日のトラブルとロンアン省調査への同行 | トップページ | 韓国とベトナムの男社会 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイテクセンター内に閉じ込められる:

« 最終日のトラブルとロンアン省調査への同行 | トップページ | 韓国とベトナムの男社会 »