« 久々のベトナム料理のレストラン | トップページ | なんでダニや蚊の認知度は低いのかと国際婦人デー »

2009年3月 3日 (火)

ジャーナルクラブでの発表と次年度のプロトコール

 今朝はフレラボでジャーナルクラブがあり、私の順番だったので、早めに起きてスライドを練り直してから研究所に向かいました。こちらに来てからためていた、蚊についてのおもしろそうな文献から、4月以降に自分が行う研究に比較的近いテーマの論文を紹介しました。幼非常に難しいけどなくてもストーリーがわかる部分は端折って、さらに重要なセンテンスはそのままスライドに載せました。本当はキーワードだけスライドに入れて後は自分の言葉で説明するのが一番いいのでしょうが、英語でのプレゼンですし、おまけに他人の研究なのでいまいち実感がつかめませんから、文章を読み上げる方がやりやすいのです。今日は発表の途中で適度に突込みが入ったので、こちらとしては説明しやすかったです。

 プレゼンの後で、HBさんとUCさんに共同研究者として私の研究計画について相談にのってもらいました。打ち合わせをする前にHBさんから、Y教授にUCさんのことについて伺いを立てておいた方がいいよ、と言われていたのですが、UCさんも私も大して気には留めませんでした。私が作ったプロトコールを元にいい感じで打ち合わせが終わったのですが、念のため、午後にY教授にUCさんに共同研究者として参加することについて伺いを立てたところ、NO! UCさんから分子生物学の技術を教わりたかったのに、ヒー、がっかりです。これから大変だ。

|

« 久々のベトナム料理のレストラン | トップページ | なんでダニや蚊の認知度は低いのかと国際婦人デー »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャーナルクラブでの発表と次年度のプロトコール:

« 久々のベトナム料理のレストラン | トップページ | なんでダニや蚊の認知度は低いのかと国際婦人デー »