« 大分でのDNA実習 | トップページ | 房総の知人とダニの展示企画 »

2009年7月21日 (火)

講義、講義、そしてセミナー

 金曜日の午前中は日本人の研修生と修士学生を対象にした日本語での講義、午後は留学生を対象にした英語の講義、そのあとボス二人を相手に現在の仕事の進捗状態についてセミナーをしました。一日に3つはきついです。だんだん疲れて、だんだんボロボロになっていきました。この一月あまり、ホーチミンで調査をしても夜はかなり講義の準備に当てましたし、大分でも待ち時間はスライドを作っていました。やっと開放された感じです。

 午前の授業は反応もあって、時間もぴったりでした。午後の授業は、時間が余ると思いきや、説明をやり直すことが多かったので、逆に足りなくなりました。簡単な英単語が出てこなくてへこみました。夕方のセミナーも何これという感じでした。もっと計画を練らなければ。

 セミナーのあと、ボス二人と今後のことについて話をしました。夜は研究室の人たちと飲み会でした。一次会で盛り上がったので、その後カラオケに行き、1時くらいまで騒ぎました。最後がイマイチであったので、妙に酔いが醒めました。

|

« 大分でのDNA実習 | トップページ | 房総の知人とダニの展示企画 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講義、講義、そしてセミナー:

« 大分でのDNA実習 | トップページ | 房総の知人とダニの展示企画 »