« 房総の知人とダニの展示企画 | トップページ | ニャチャンでの調査 »

2009年7月25日 (土)

忙しいサンプリング、そしてカステラ

 成田からハノイに戻ってきたのですが、千葉のビジネスホテルで12時チェックアウトをするまでに千葉そごうでお土産を買い込みました。それから、千葉駅のコインロッカーで荷物を置いておいて、市内をぶらぶらしようかと思っていたのですが、コインロッカーがふさがっていたので、ぶっらぶらするのをあきらめました。全部で47キログラムの半分は本と雑誌でしたが、重くて重くて。紙は束になると重いです。かえって服の方が軽かったりします。たぶん私の荷物を盗む人はいないと思いましたが、それでも盗まれたら取り返しのつかないものもありましたので、2時間くらい千葉駅で時間をつぶしてしまいました。案の定、空港で22キロオーバーで6万円取られました。

 翌日からずっと炎天下のハノイ市内で蚊を取りました。朝の7時に職場を出て、昼過ぎに戻るのですが、もうへろへろで、それからまた蚊を仕分ける作業があるので、夜になるとぐったりです。サンプリングの案内をしてくれるのは現場の保健所の保険婦さんなのですが、人によって苛つくこともありますし、サンキューソウマッチ、と言うときもありまして、本当に疲れます。私がベトナム語でコミュニケ-ションがとれないので、いくらかは私の責任もあると思います。とりあえず、ハノイにいるのは1週間で、来週からニャチャンです。

 夜は(ありがたいのですが)連日お誘いがあって、家に帰るとブログを更新することもままなりませんでした。

 長崎土産で福砂屋のカステラをサッカー仲間に買ってきたのですが、もう賞味期限が切れかかっていたので、しょうがなしにエントのベトナム人スタッフに3時のお茶の時間にだしてしまいました。私も一切れ食ったけど、あっという間にスタッフが食っちまいました。なんだかんだゆってこっちの生クリームでないケーキと比べたら福砂屋のカステラの方がうまいです。MKさん、OMさん、KTさん、そしてIMさん、また次の機会に期待してください。 

|

« 房総の知人とダニの展示企画 | トップページ | ニャチャンでの調査 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忙しいサンプリング、そしてカステラ:

« 房総の知人とダニの展示企画 | トップページ | ニャチャンでの調査 »