« ナンチャッテもみじ | トップページ | 英語のできない新人に手を焼く »

2009年10月18日 (日)

やる気のないSを切り捨てする

 やっと、南部のフィールド調査が終わりました。今日はホテルのサウナで1時間近く汗を流してからマッサージをしてもらいました。

 これまでは南部のフィールド調査にはNIHEからS君がついてきたのですが、今回で辞めてもらうことにしました。Yさんからサンプルなどの荷物を持ってハノイからホーチミンまで往復するのは大変だろうからというのでつけてもらったのですが、ホーチミンで次の仕事があるから残る、となると彼に来てもらう意味がないのが第一の理由です。

 第二の理由はこのプロジェクトに参加してほしくないと感じたからです。フィールドから帰ってもいつも後の処理がいろいろあるのですが、最低限のことしかしません。Yさんは前回S君に手伝わせていいと言ってくれたのですが、仕事を頼むとパスツール研の人に頼んで先に帰ってしまったり、なるべくサボって私やパスツール研の人にやってもらおうとします。同じくらい能力のある人材がホーチミンにいるのにハノイからの往復の旅費とホテル代を出すのが馬鹿馬鹿しくなりました。仕事が嫌なんだ、と感じざるを得ません。BGトラップの網が破けて蚊がいなくなっていると、自分の仕事が減ったと喜んだり、とにかくやる気がないのを見せつけられると自分は腹が立ちますし、周りの士気にも悪い影響がかかってくると思いました。

 自分は厳しすぎるのか、S君はどう受け止めるか、ここ数日考えていました。いつかS君が変わるのを待ってそれまでは我慢してこのまま続けるか、S君を切り捨てて自分の仕事を少しでもよくする方に力を注ぐか、どちらを選ぶかという段階まで頭の中を煮詰めたら、私の答えは決まりました。不器用でもせめて本人のやる気が見えればばこっちも待っていられますし、私の立場はそもそもプロジェクトありきです。

|

« ナンチャッテもみじ | トップページ | 英語のできない新人に手を焼く »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やる気のないSを切り捨てする:

« ナンチャッテもみじ | トップページ | 英語のできない新人に手を焼く »