« 広州遠征 | トップページ | フォレストガール »

2009年12月13日 (日)

熱帯医学の勉強に来た女子学生

 9日からホーチミンに来て、いつものようにベトナム南部の蚊の調査をしています。今回は最初のBinh Du'o'ngの調査にKM大から医学部の学生さんが参加しました。

 そもそも10月に突然、熱研の総務から、その方からのメールが私の宛名で届いて、どうしたものでしょうか、と相談をされたのがきっかけでした。メールを読んでみると、熱帯医学を勉強したいという意欲が伝わってきたので、総務と再度連絡して、旅費・宿泊費は出せないこと、事故が起きた場合大学側は責任を取れないこと、を本人に確認して来てもらうことにしました。あとで、どうして私にメールをよこしたのですかと本人に尋ねたところ、熱研の先生でメールを公開しているのが私だけだったからだそうです。以前、ダニのことでブログに問い合わせがあった時、研究や教育に関する問い合わせはメールを通すのが本筋な気がしたので、熱研の研究室のプロフィールの所にアドレスを載せておきました。私でなくても熱研の先生ならだれでもよかったと思いますが、自分の将来のことについて考えている若い人が、現場を見る機会を作ってあげられたのですから、良しとします。

 さて、そのKM大のHさんですが、英語も全く問題ないし、同年代の女性同士の方がいいと思ったので、現場ではTさんと一緒に回ってもらいました。午後パスツール研に戻ってからは蚊の仕分けを手伝ってもらいました。ダニや蚊の話をメモに取り、後でノートに整理して、自腹で来るだけあって、終始かなりやる気モードでした。ここに来る前にインドで熱帯医学の現場を見てきたそうで、そのためのお金はバイトで貯めたそうです。私の後はニャチャンへ移動して、Yさんのプロジェクトに一週間参加します。もともと熱帯の医療現場に興味があったようですが、蚊を毎日採って、それをじっくり見る機会なんて、おそらく今の医学部教育ではなかなかないでしょうから、将来どのような道を進むにせよ、いい経験ができたことでしょう。

|

« 広州遠征 | トップページ | フォレストガール »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯医学の勉強に来た女子学生:

« 広州遠征 | トップページ | フォレストガール »