« 旧正月に年頃の娘のいる家を訪問 | トップページ | テト明けのミニゲーム »

2010年2月19日 (金)

原稿の修正、石段を上るがごとき原稿書き

 昨年の夏に投稿して、半年近くも放置されていて、一月に問い合わせをしたら編集長がお詫びの言葉とともに第一査読者のコメントを送ってきました。その後、編集長自身が第二査読者となったらしく、コメントが返ってきました。第一査読者は好意的でコメントへの対応には苦労しませんでしたが、編集長への対応にはかなり時間がかかりました。原稿をようやく修正して先ほど英文校閲に出しました。

 昔は郵便だったので論文が通ったか通らなかったかはあちらから可否の知らせが来るまでは全くわかりませんでしたが、今は電子投稿なので自分の論文が今どの段階にあるのか、雑誌の出版社が運営しているホームページからわかります。もうひとつ、昨年の12月に出した原稿があるのですが、こちらもクリスマスから審査が止まったままです。こちらも編集長あてに、どうなっていますか、というメールを出しました。

 あとは去年のベトナム南部での蚊の防除試験の論文が残っています。それから千葉大時代のマダニとヒルの論文がかなり残っています。でもその前に、来年度からの蚊の研究計画を作成しなければなりません。山の上にあるお寺や神社の石段を上っていくときに、はじめから頂上に気を取られるとやる気が失せます。こういうときはあまり先を見ないで一歩づつ進んでいくに限ります。

|

« 旧正月に年頃の娘のいる家を訪問 | トップページ | テト明けのミニゲーム »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原稿の修正、石段を上るがごとき原稿書き:

« 旧正月に年頃の娘のいる家を訪問 | トップページ | テト明けのミニゲーム »