« 鳥取砂丘、出雲大社 | トップページ | 松下村塾、秋吉台、鍾乳洞 »

2010年3月 9日 (火)

石見銀山、温泉津温泉

Photo 昨晩は出雲のホテルに泊まりました。風呂とトイレは共同で、一応、男子風呂、男子トイレはあったのですが、どれも若い女性を意識して作られた感じでした。まあ、かなり清潔で、設備も気がきいていたのでよかったのですが。

 今日のうちに萩まで行く予定だったので8時前にホテルを出て、三瓶山を経由してまず石見銀山に行ってきました。世界遺産センターで一通り展示を見て、少し予習をしてから、バスで龍源寺間歩という実際に採掘をしていた洞窟に行きました。写真は内部の様子です。一般に公開されているのはここだけのようです。思ったより短かくてがっかりしました。人口の洞窟ならトルコにある、キリスト教徒がイスラムからの迫害から逃れるために作った地底都市を見たことがあるのですが、それに比べるとどうも物足りませんでした。

Photo 例によって温泉に寄りました。温泉津(ゆのつと読みます)温泉という、温泉が二つもある珍しい名前の温泉町でした。ここの名物が薬師湯で、写真のように共同湯のわりにモダンな建物でした。なんでも大地震でお湯が湧き出たそうです。

 向かいにはもうひとつ共同湯があるのですが、薬師湯が観光客向けなのに対して、こちらは地元向けの感じでした。こっちはタヌキが泉で傷を癒しているのを旅のお坊さんが見つけたそうで、もっともらしいけど、ありがちな由来ですね。

|

« 鳥取砂丘、出雲大社 | トップページ | 松下村塾、秋吉台、鍾乳洞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石見銀山、温泉津温泉:

« 鳥取砂丘、出雲大社 | トップページ | 松下村塾、秋吉台、鍾乳洞 »