« 執着心の不足 | トップページ | 8月の調査と長崎からの学生 »

2010年8月23日 (月)

帰省中のトラブルとその後

 先々週に夏季休暇で帰国していた間、-80度の冷凍庫が故障して、全部のサンプルを他の冷凍庫に移してもらっていました。故障した冷凍庫は復旧したようなので、今日、エントの人達に手伝ってもらってサンプルを戻しました。

 私の留守中にもう一つ困ったことがありました。それは、NIHEで維持している、培養細胞にマイコプラズマという微生物が広まってしまったのですが、それは私のサンプルが原因だと疑われたことです。あとでHさんがいろいろ調べてくれて、もとからマイコプラズマが感染していたことがわかったのですが、ウイルスの部屋で蚊を扱うことにNIHEのウイルスの人達が嫌悪感をもったらしく、その後ウイルスの実験室では蚊からウイルスを抽出できなくなりました。

 当初はエントの実験室でやればいいと私もHさんも考えていたのですが、エントでは来月から11月までオーストラリアとの共同研究でウイルス感染の実験をするそうで、その間は実験室を使えそうにありません。

 サンプルが山のようにあるので、Hさんからウイルスの人達に実験室をもう一度使わせてもらえるように頼んでもらっている最中です。

|

« 執着心の不足 | トップページ | 8月の調査と長崎からの学生 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰省中のトラブルとその後:

« 執着心の不足 | トップページ | 8月の調査と長崎からの学生 »