« | トップページ | 知人宅を順に訪問 »

2011年2月 6日 (日)

テトの変化

 テトになってからハノイはポカポカ陽気が続いています。高校の時の古典の時間に正月から春と教えられて、まだ寒いじゃないかと、違和感を持ったのですが、旧暦を使っているハノイだとしっくりきます。

 今年で三回目のテトですが、最初の年に比べてハノイに残っている人が年々多くなっているような気がします。そのせいかテトだからといってあまり長く休まず、早くに商売を再開する店が多くなってきた感じがします。そのうちハノイでも日本のデパートのように初売りが始まったり、24時間営業のコンビニができてくるかもしれません。

 今、日本企業のハノイ支社に勤務されていた方が書いた、「ベトナムの微笑み」という本を読んでいるのですが、実にベトナム人をよく観察されていて、途中で何度も、うん、うん、とうなずいています。この方は90年代にベトナムに赴任されたそうですが、ハノイはこの頃から劇的に変わっていったのでしょうね。

|

« | トップページ | 知人宅を順に訪問 »

ベトナム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テトの変化:

« | トップページ | 知人宅を順に訪問 »