« 鶴さんの思い出 | トップページ | 合気道の長所 »

2011年2月24日 (木)

合気道入門編

 一週間前から合気道を習っています。平日に家に帰って、論文を書かなけりゃいけないし、勉強もしなければいけないし、(就職が決まっていない20代、30代の若手の人達には申し訳ないのですが、)だけど、もう仕事したくないって気持ちの時に、DVDを見るか、酒を飲むしかないベトナム生活において、それならもう少し楽しめる趣味を持ちたいと思って始めました。嫌になってやめてもともとの中途半端オーライの気持ちで始めました。

 火、木の7時から8時45分までと土日の夕方に1時間半の練習で、初心者には上級者が丁寧に教えてくれて月12万ドン(600円)は安いと思いませんか。教えてくれるのはベトナム人の有段者の人です。たぶん、といいますか、絶対日本人の人が最初に教えたのでしょう。実際、今、日本人は私を含めて3人なのですが、一番うまい人は六段で、ベトナム人全員から先生と呼ばれています。彼は、赴任者でなくて、出張ベースでベトナムに来ています。

 正直、日本人のおやじのくせに合気道初心者っつーのは格好悪いなあ、と思うのですが、いつまで続くかわからないけど、やれるところまで続けたいです。後ろ受け身とか頭を打ったりして、それなりに痛いし、肩が凝ったりして、翌日とか後に残りました。正直、私の半年前に入門している人たちは皆先生になるのですが、けれど、本当にベトナム人の先生たちは、親切に教えてくれます。だから、当分続けていきます。

 だけど、日曜に、サッカーして、タッチラグビーして、合気道はきついので、(時間的に可能なのですが、)最大二つにします。

|

« 鶴さんの思い出 | トップページ | 合気道の長所 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合気道入門編:

« 鶴さんの思い出 | トップページ | 合気道の長所 »