« 連休中も蚊の観察とタッチラグビー | トップページ | サッカーで知らぬ間に手首を打撲 »

2011年5月 6日 (金)

タイビン視察と父親の酒

Imgp0149 日本は連休の後半ですが、私は4日と5日に日本脳炎媒介蚊の予備調査でタイビン省へ行ってきました。朝の集合時間に一緒に行くはずのYさんが来ないので電話してみると、別の車ですでに向かっていました。おかしいな、と思ったら、タイビン省で保健所の人達を相手にデング熱媒介蚊の講習会を行う予定でした。私の調査は彼らの仕事に便乗させられていたのでした。写真は講習会の様子です。ベトナム語なので何を話しているのかまったくわかりませんが、スライドを見ると何とかわかりました。

 お昼はタイビン省の保健局の副所長さんをはじめとした人達と会食でした。副所長さんはたぶん私よりも年配の女性なのですが、酒が強く、何度かウォッカの飲み交わしをさせられました。

Imgp0164 仕事の方は大規模に豚を飼育している現場を案内してもらいました。旭市や諫早の農家さんと同じくらいで、この一軒だけでした。まわりは畑と水田に囲まれていて、素晴らしい環境でした。

 夜は再び保健局の人達と会食でした。また、副所長さんに飲まされて、かなり酔いました。

 自分が子どもだったころ、家に帰ってこずに接待やらで仕事関係の人達と酒を飲んでいた父親を、子供心に何なんだ、と思っていました。そんなにまわりに気をつかわなくちゃ生きていけないんかと。父はもともとそんなに酒が強くなくて、母方の実家に行くのをすごく嫌がっていました。母方の叔父達は皆酒が強くて、飲まされるので。当時の父親の年代になってようやくわかりました。今思うと、父なりに体を張っていたのです。 

|

« 連休中も蚊の観察とタッチラグビー | トップページ | サッカーで知らぬ間に手首を打撲 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイビン視察と父親の酒:

« 連休中も蚊の観察とタッチラグビー | トップページ | サッカーで知らぬ間に手首を打撲 »