« Tさん親方の送別試合とタイヤのパンク | トップページ | 信大での衛動大会 »

2012年3月28日 (水)

初めてのコラム

 ベトナムの邦人向けの週刊Vetterという情報誌に衛生害虫についてのコラムを2月から毎週連載しました。先週で最後の8回目が終わりました。

 蚊、ダニ、カメムシ、アリを2回ずつ連載したのですが、アリはあまり書くことがなくて苦労しました。病気を媒介したり、刺されて痛むということがあまりありませんから。もっぱらベトナムの家の中に入り込んでくるヒメイエアリについて書いて、それでは枚数が足りなかったので、あとは同じ深い害虫ということでチョウバエを、同じ膜翅目ということでハチについて書きました。

 一般の人向けにものを書くというのは、それなりに大変な作業ですが、やりがいはありました。サッカーの仲間からは、わかりやすいとか、おもしろいとか、割と好評でした。今日はWHOのTさんが、初めて読んだけど面白かったと、わざわざ言いに来てくれました。

 千葉衛研にいた時に、古生物の専門書を書いたり、恐竜の読み物を書いたりする有名な人がいたのですが、彼がよく私に一般向けの読み物も書くように言っていました。お金ももちろん大事だけど、一般の人に自分の研究したことや学んだことを還元するのも研究者の仕事だと。

 長崎大に就職した年にようやく農業関係者向けの雑誌に執筆したのですが、それっきり4年間啓蒙的な文章は書いていませんでした。昨年末にたまたま紀伊で相席した人が編集者で、Y教授が私を売り込んでくれたため、そのまま話が進み、年明けには初稿を渡していました。

 もっとものを書く時間を増やして、自分の書いた印刷物を増やしたいですね。

|

« Tさん親方の送別試合とタイヤのパンク | トップページ | 信大での衛動大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのコラム:

« Tさん親方の送別試合とタイヤのパンク | トップページ | 信大での衛動大会 »