« ネットとNHKの不具合 | トップページ | 一年ぶりの研修コースの講義と野外実習 »

2012年6月19日 (火)

合気道5級の試験

 来週から日本へ出張するため、日曜日は半分の卵の観察を終了して、どれだけ生き残っているかを調べることにしました。観察だけだと午前ですむのですが、食事の後に午後も再びNIHEに行って4時過ぎまで作業をしました。今日はできたらタッチラグビーに行きたかったのですが、あきらめました。結局、月曜にまる一日かかって作業は終わりました。

 サッカーの試合は4時半からだったのですが、今回はやめました。理由は、合気道の昇級試験があったからです。前から何度かあったのですが、サッカーと重なったり、どうせ日本に帰国する時に止めるからいいや、とか考えていたので、受けませんでした。

 今回はHさんという、いつも丁寧に教えてくれる方から、受けた方がいいと示唆されたので、受ける気になりました。受験料3万ドン(130円くらい)。

 いつものように準備運動と受け身のあとで、皆がまわりに正座するところまでは一緒だったのですが、そのあと師範代の人達が両端に座って、プリントのコピーを見ているところからいつもと様子が違ってきました。

 それから私の名前とベトナム人の名前が4人ほど呼ばれて、前に出て、正座。受け身から始まって、二人1組で言われた技をかけ合いました。緊張しました。

 幸い相手の方も好意的に技を受けてくれていたので、うまくまとめることができました。

 私たちの5級から始まって、4級、3級、1・2級とすべて終わったところで時間となりました。結果は2週間後にわかるそうです。

 5級といえども結構きつかったです。人に見られながらするのは普段の稽古とは違います。それはこの道場の最高の7段を持っているMさんでも、演武の時はすごく疲れると言っていたので、上級者でもそうなのでしょう。

 すべて終わった後に皆でビアホイに行きました。他のベトナム人から、「コングラッチュレーショーン!」と言われたので、「まだ早い。」と思ったのですが、師範格の人もよかったよ、と言ってくれていたので、たぶん大丈夫でしょう。Mさんが、「みんなのレベルが高かった。稽古している人はそれなりの結果が出た(悪い意味ではない)。」と言っていたのが印象的でした。

 

 

|

« ネットとNHKの不具合 | トップページ | 一年ぶりの研修コースの講義と野外実習 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合気道5級の試験:

« ネットとNHKの不具合 | トップページ | 一年ぶりの研修コースの講義と野外実習 »