« 土日の展覧会巡り | トップページ | 合気道本部での稽古 »

2012年6月27日 (水)

墓参りとフェルメール展

 Imgp0820Imgp0822
 月、火と国立感染症研究所でコガタアカイエカの標本を作り、写真に撮って、画像解析をしました。月曜の午前中は、Sさんが外出するので、午後から来て欲しいとあらかじめ連絡があったので、まず浅草に行ってMさんのお墓参りをしてきました。写真は国際通りから見た東京スカイツリー。

 地下鉄を降りてから、しまったと思いました。時刻は10時くらいだったのですが、来る時間が早かったな、と。おいしそうなお店やカフェ、食堂、レストランが軒を連ねているではないですか。先に美術館へ行ってから、お昼近くにくればよかったと思いました。

 それから、銀座で開催されているフェルメール展へ行ってきました。ANAが協賛していることもあって、前回も今回も帰国した時にANAに乗ると、宣伝していたので、気になっていました。生物学者で大のフェルメールフアン(NHKの番組で本人がそう言っていました)の福岡伸一が、全面的に企画監修をしていたことも自分には気になりました。

Imgp0826de 解説を小林薫と宮沢りえがフェルメールとその娘役をやっていたので、解説のテープなんて滅多に借りないのですが、今回は借りました。なんといっても、小林薫は「美の巨人たち」の解説をやっていますから。

 ふつうは、絵の展示会ではカメラ撮影禁止なのですが、実は、この「真珠の耳飾りの少女」をはじめすべての作品が複製のせいなのか、皆パチパチ撮影していたので私も撮りました。

 これは、一番最後の作品で、娘をモデルにしたそうです。かつてのフェルメールの筆遣いといいますか、ようは全盛期の迫力が無いので、フェルメールのものか最近まで議論があったらしいです。

 仕事の方は、昨日今日とかなり根を詰めてやったのですが、難しかった。もっと技術を上達させたらいいのでしょうが、この年になると時間との勝負の部分もありますので、ハノイに戻ってもう少し練習してから決断します。

 

|

« 土日の展覧会巡り | トップページ | 合気道本部での稽古 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墓参りとフェルメール展:

« 土日の展覧会巡り | トップページ | 合気道本部での稽古 »