« 帰国中に勝手に噂されて、下ネタの一言から韓国戦 | トップページ | マダニの目録 »

2012年7月17日 (火)

サッカーチームを通して見た在留邦人の違い

 前から家が近いので、一緒に飲もうと言っていた、サッカーのキャップと今日初めて二人で「紀伊」で飲みました。

 そういえば、彼と、エスペランサに行こう、と言っていた間に、エスぺはなくなってしまいました。

 キャップはハノイからホーチミンへ転勤になって、またハノイに戻ってきたわけですが、サイゴンジャパンよりもハノイジャパンが好きだという人が自分のまわりには多いので、それはなんで、と彼に尋ねてみました。(まあ、ハノイジャパンが好きでない人はハノイの練習や試合には来ないので本当のところはわからないのですが。)

 どうも、ハノイは私も含めた長老たちが割と大事にされているといいますか、試合の後の飲み会も和気あいあいとするようなのですが、サイゴンの方は30代の現役バリバリの人達が中心になって運営しているようです。

 でも、最近、ハノイのサッカーに入ってくる人たちは、私がじじいになって年齢差が開いたことを差し引いたとしても、なんか昔の人達に比べておおらかさがないような気がします。昔といってもたかだか4年前の話ですが。

|

« 帰国中に勝手に噂されて、下ネタの一言から韓国戦 | トップページ | マダニの目録 »

ベトナム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーチームを通して見た在留邦人の違い:

« 帰国中に勝手に噂されて、下ネタの一言から韓国戦 | トップページ | マダニの目録 »