« ニンビン | トップページ | 媒介蚊採集の初日 »

2012年7月30日 (月)

Photo_4 今日は香寺へ行ってきました。昨日と同じで車を降りてから今日も1時間ほど小舟に乗って目的地へ行きました。

Photo_5 写真は船着き場近くのお寺です。ここもそれなりに風情がありました。実際には付近一帯の13のお寺をまとめて香寺というそうです。

 このお寺を見学した後で昼食でした。さていよいよ洞窟の中のお寺まで歩いていくのかと思いきや、ロープウェイ(実際はスキー用のゴンドラ)で上まで一気に上りました。

 ゴンドラを降りて上り坂をしばらく歩いていくと、門がありました。その門をくぐると今度は急な下りの石段がありました。石段を下ったところに神社やお寺があるのは、私の知る限り、地元の群馬にある貫前神社くらいのものでしょうか。

 それにしてもこちらのお寺はあやしいです。お香なのか、水蒸気なのか、霞んで見えます。木魚の音とお経を読む声が洞窟の中から聞こえてきます。

 
 正面に見えるのは稲穂岩です。稲穂の形に見えるのとベトナム人の主食がお米なPhoto_6のでこの名前がついたそうです。

 この岩の両側が出入り口になっています。この中は撮影禁止なので、写真は撮りませんでした(欧米人はバシャバシャ撮っていましたが)。洞窟の中は、密教の妖しさが鍾乳洞のひんやりした空気と奇妙に調和して、独特の雰囲気が醸し出されていました。ベトナムでたぶん一番か二番目に印象的な場所でした。

 帰りはロープウェイに乗らず、ガイドの人と二人で歩いて下まで降りました。Photo_7

 彼の説明によると、ここはベトナムで一番人気のあるお寺だそうです。特に商売人にとっては人気が高く、お年寄りたちは敢えてロープウェイに乗らず歩いて上るそうです。
 

 確かに、参道はベトナムの割に整備されていて、通りの両側には下から上までお店が連なっていました。今は閑散期なのでお店はほとんどが閉まっていましたが、テト直後や祭りの時はすごい賑わいになるそうです。

|

« ニンビン | トップページ | 媒介蚊採集の初日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« ニンビン | トップページ | 媒介蚊採集の初日 »