« 飲みつかれ、走り負けの週末 | トップページ | NIHEの天井崩落 »

2012年8月22日 (水)

坐骨神経症

 昨日の朝、ジョギング中にだんだん下半身が重く感じてきたので早めに切り上げて家に戻ったのですが、シャワーを浴びている間にだんだん立っているのがつらくなったのですぐにベットで横になりました。1時間ほど横になってから気合を入れて出勤したのですが、NIHEまでの10分程度の距離を歩くのがきつくて、途中で何度か休みました。

 いつもどおり仕事を始めたのですが、歩くたびにだんだん左足と腰が痛くなってきて、そのうち歩くと椅子で休まずにはいられない状態になりました。

 Y教授に診断してもらったところ(一応彼は医師なので)、坐骨神経症と診断されました。ネットで検索してみると、確かに症状はよく似ています。

 痛みがどうにも我慢できなくなってきたので、フレンチホスピタルにY教授から電話で症状と説明してもらって、予約を入れてもらい、受診しました。レントゲンを撮りましたが、骨には異常ありませんでしたが、筋肉に異常がありました。とりあえず痛みを何とかしてほしかったので、抗炎症剤、痛み止め、筋肉弛緩剤を処方してもらいました。一、二週間は安静にして、スポーツは禁止だそうです。

 4時半頃に家に戻ってから夕食までベットに横になっていたのですが、始終痛くない姿勢を探し続ける感じで眠ることはできませんでした。寝室からキッチンまで歩くだけで痛むし疲れるので夕食はとりたくなかったのですが、薬を飲まなければいけなかったので、前日たまたま残したご飯の残りを食べて、薬を飲んでまた横になりました。

 ベットに横になってもなかなか痛みがとれませんでした。12時の時計の針を見た後は朝まで記憶がなかったのでこの間だけは眠れたようです。

 今朝は昨日ほど痛みませんが、それでもまだ歩くとしばらく痛みがとれません。

|

« 飲みつかれ、走り負けの週末 | トップページ | NIHEの天井崩落 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坐骨神経症:

« 飲みつかれ、走り負けの週末 | トップページ | NIHEの天井崩落 »