« 今週も論文書きと夏の思い出 | トップページ | お焦げで思い出した、天津の炊飯器 »

2012年9月19日 (水)

中国の反日デモ

 今、中国で反日デモが問題になっています。エントのD君はお昼を一緒に食べると決まって、いつ中国と戦争するんだ、と私に尋ねます。日本は戦争することはない、と答えると、日本がしないんじゃあ、ベトナムかな、と半分冗談交じりに返されます。

 中国に住んでいる日本人は今大変です。工場が焼き討ちされ、日本系の商店から品物が略奪されています(攘夷か?)。このような行為は断じてよくない、と意見を述べる中国人もいるので、決して国民全体が反日ではないと思いたいです。

 敗戦国だったくせに猛スピードで復興を遂げて、自分たちが内戦や内部抗争でもたもたしていた間にアジアで一番になってしまった。最近、どうにか日本に追いついたのだけれど、トヨタやパナソニックのようなブランド力は国内の製品にはないし、内部格差はますます広がるばかり。20代30代を中心とした若者の本当の不満は政府にあるのだけれども、中国政府関係者は国民の不満が自分たちに向かわないように徹底的に情報監視しながら、国の外に向けられたデモに対しては適度なガス抜きのようにとらえている気がしないでもありません。

 ベトナムは統制国家の一面もありますが、日本に追いつこうと(たぶん)本気で思ってなさそうです。宗教的な問題がデモに結びつくこともありませんので、当面は安全です。

|

« 今週も論文書きと夏の思い出 | トップページ | お焦げで思い出した、天津の炊飯器 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の反日デモ:

« 今週も論文書きと夏の思い出 | トップページ | お焦げで思い出した、天津の炊飯器 »