« お焦げで思い出した、天津の炊飯器 | トップページ | 湿地帯で水鳥の観察 »

2012年9月22日 (土)

鐘が鳴る前に

 一月ほど前にフララボのスタッフの一人が結婚したことは以前ブログにも書きました。Y教授のもとで働いているのですが、Y教授は日本に毎月半分ほど帰り、さらに拠点運営のことで手いっぱいらしく、今ほとんど彼女は放置状態です。私が2階のフララボに行くといつも暇そうに、ダラーっと机の前に座ってネットをしています。

 以前は、筋皮骨子と呼びたくなるほどガリガリだった彼女ですが、座ってばかりいてお菓子を食べているせいか、下腹がぷっくりしたような気がしたので、冗談で、赤ちゃんがいるの?と尋ねると、イエス。

 えー。

 先月結婚したばかりなのに、と思いつつ、わざと一月早めて、二か月か、と問いかけると、またまた、返事はイエス。

 気付いたのは私がはじめで、他のベトナム人の同僚にはまだ言っていないそうです。

 それにしても、本当に早い。というか、フライングですね。

 ベトナム語には、鐘が鳴る前にご飯を食べましたか、というフレーズがあるのですが、その意味は、あなたは処女ですか、ということです。

 本当に食っちゃったんだ。

 (BGMは和田アキコの”あの鐘を鳴らすのはあなた”)

 彼氏にはきぼーうの匂いがしたー。

 うらやましい。

 

 

|

« お焦げで思い出した、天津の炊飯器 | トップページ | 湿地帯で水鳥の観察 »

ベトナム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鐘が鳴る前に:

« お焦げで思い出した、天津の炊飯器 | トップページ | 湿地帯で水鳥の観察 »