« 転換期の前触れ? | トップページ | ボロ負けソフトボールと回復しつつある体調 »

2012年11月24日 (土)

持ち帰りサンプルを巡るトラブル

 日本からお客さんがきていたので、昨日の晩は「紀伊」で夕食会を行いました。深夜のフライトだったので、8時半くらいまで彼らと食事をしていたのですが、頼んでおいたタクシーが来なかったらしく、Tさんに連絡をして対応してもらいました。

 最近は私たちもタクシーで空港への往復をすることが多いのですが、日本からのお客すら送迎できないのであれば何のために買った車なんだ、という話になりました。

 そのごハノイクラブに移動して、カラオケ、と思いきや、今度は空港で荷物が引っ掛かった、という連絡が入りました。ネズミのサンプルということが引っ掛かったらしいです。本来ならば英語でratと呼ばれるネズミのサンプルは問題にならないそうです。たまたまホーチミンでハンタウイルスの患者が発生して問題になっていることや、馬鹿正直に中身はネズミです、と答えたのが悪かったようです。そのせいで我々はサンプルを夜中の2時半にフレーザーホテルまで取りに行く羽目になりました。私は帰ってもよかったのですが、日本側の受け入れ者がへべれけになっていて心配だったため、付き合いました。結局、彼が帰りのタクシーでつぶれてしまったので、私がサンプルを家まで持ち帰りました。

|

« 転換期の前触れ? | トップページ | ボロ負けソフトボールと回復しつつある体調 »

日常」カテゴリの記事

コメント

トラブル大変でしたね
日本から来た人も手ぶらで帰って悔しかったでしょう

投稿: | 2012年11月25日 (日) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持ち帰りサンプルを巡るトラブル:

« 転換期の前触れ? | トップページ | ボロ負けソフトボールと回復しつつある体調 »