« ボスを交えての話し合い | トップページ | 1750ドルのクリスマスプレゼント »

2012年12月22日 (土)

PMCからの情報提供拒否

 来年早々NIHEから長大へ研修生としてC君を連れていきます。C君のやりたいことを聞いて、受け入れる教官はSさんに決めてあります。Sさんからはどうせ面倒みるなら、論文として結果になるような研修にしたいという意向がありました。C君ももともと私と2年近くとった野外データを使って、空間分析をやりたいということだったので、渡りに船、とばかりにSさんも交えた共同研究へと発展しそうです。

 Sさんからは新たに、デング熱患者宅の位置データを我々のとった蚊の情報と照らし合わせられないか、という問い合わせがありました。C君に患者のデータを手に入れるように頼んでいたところ、デング熱対策の総元締めのPMCから一昨日データが入る予定でした。

 が、昨日の朝に延期されたと思ったら、PMCから情報提供拒否、の連絡がC君のもとへ入りました。理由を問いただすと、英語に翻訳できない、という、首ががっくんとなった上に、膝まで折れそうな、なんとも情けない返答でした。

 こういうとき、この国で仕事をする限界みたいなのを感じます。

|

« ボスを交えての話し合い | トップページ | 1750ドルのクリスマスプレゼント »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PMCからの情報提供拒否:

« ボスを交えての話し合い | トップページ | 1750ドルのクリスマスプレゼント »