« | トップページ | 絶命寸前のパソコン »

2012年12月 8日 (土)

スタッフが若返っているパスツール研

 パスツール研究所でいつも私のカウンターパートになっているTさんの下に新人が入りました。同じ大学の同じ研究室の後輩の男性だそうです。英語もそこそこ話せますが、仕事に真面目なのがなによりいいです。仕事の手を抜きたがるベトナム人、特に男性は多いですから。

 実際のところは、現場での仕事となるとまだまだです。

 一昨日、昨日と、県から応援に来た、彼よりも年配の女性が、彼のいるグループで蚊をとる作業をし切り出しました。彼女の案内で家を訪ねて行ったら道に迷ったり、勝手に作業を進めるので蚊の採集した容器がコンタミしたりしました。これは、オバさんを暴走させてしまった彼が悪いです。現場で現地の人をコントロールするのはNIHEやパスツール研の人の仕事です。

 二年以上、パスツール研には来ていなかったのですが、だいぶスタッフが様変わりました。若い人がさらに増えて、Tさんは30歳そこそこですでに昆虫動物研究室のNo3です。室長のK君は35歳くらいでしょう。未来がありますよね。

|

« | トップページ | 絶命寸前のパソコン »

ベトナム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタッフが若返っているパスツール研:

« | トップページ | 絶命寸前のパソコン »