« 富良野から札幌へ | トップページ | フレラボで初詣 »

2013年2月20日 (水)

Photo 群馬の実家にいたせいもありまして、ブログの更新ができませんでした。帰省する前に公共でネットができる場所を探したのですが、全くなく、ネットカフェを探してみたのですが、伊勢崎とか県の南側に集中していて、北側で集中していたのは伊香保温泉でした。旅館に泊まるしかないわけです。

 家の前から見た隣の家の景色です。こうして見ると寒村です。両親に言わせると今年は本当に例年になく雪が多かったそうです。実家に帰った日にも雪がとけきらず、また降っていました。

Photo_2 例によって実家に帰ったら温泉タダ券で温泉巡りをしました。両親とも出不精もありますし、どうせ温泉に入りに行くなら旅館に泊まりたいというのもあるのでしょう。タダ券がいつも残るので私がいつも使わせてもらっています。

 それで、前回、前々回と駐車場がいっぱいで入れなかった伊香保温泉石段の湯に入ってきました御覧の通り見かけは立派ですが、他の渋川市内の温泉に比べて思いのほか小さくて、浴槽は一つで、脱衣場も狭いですし、お客さんの回転を早くしたいという感触を感じました。

Photo_3 それで、7番目に入ったのが、旧子持村白井温泉です。それなりに駐車場も広く、隣に公園もあってよかったです。ただ、私が行ったときは、とにかく、北風ぴゅーぴゅー吹いているー、状況だったのでやたら寒かったです。

 もとをたどれば竹下内閣の時にふるさと創成一億円で、北関東の一村が、どうすべー、温泉でも掘ってみっか、で、掘ってみたら掘りあてたので、それを昔からあった伊香保温泉は別として、やってみたら出てきて、私も恩恵を蒙った渋川市7温泉巡りでした。

 これにあやかって徳川埋蔵金も掘り当ててほしいですね。

|

« 富良野から札幌へ | トップページ | フレラボで初詣 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 富良野から札幌へ | トップページ | フレラボで初詣 »