« めんどくせー仕事 | トップページ | サンプル入手と倫理 »

2013年8月30日 (金)

絨毯のダニと食品のダニ

 来週の月曜日はベトナムの独立記念日なので、今日のお昼はエントスタッフ全員で近くのビュッフェで食事をしました。今朝、少しすっぱくなった牛乳を飲んでしまって、何ともなかったのですが、それでも午後どうなるのかわからなかったので生ものは控えました。

 日本ではマダニが問題になりましたが、最近はダニが混じっていたお好み焼きを食べてアナフィラキシーショックをおこした人が出たのが問題になっているようです。食品会社に努めている友人からダニについて教えてくれと、問い合わせがありました。
 一月ほど前に同僚からその話を聞いた時が初めてだったのですが、本来、喘息やアトピーの原因となるダニと味噌や小麦粉のような貯蔵食品にわくダニとは種類が違うので、最初はほんまかいな、という感じでした。
Photo_2 写真はネギの根元に発生したダニです。千葉大の時にネギの害虫になるダニの研究をしていた知り合いからこの写真をもらいました。
 食品に発生するダニはもともとは土壌中にいて、それが人間の生活環境に入り込んできました。
 一方、絨毯や布団にいてアレルゲンの原因になるダニは、もともと鳥や動物の巣穴にいたと考えられています。なので、アレルゲンの原因になるダニの方が、食品に発生するダニに比べて比較的乾燥したところでも生活できます。
 お好み焼き粉からは両方出ているようなのですが、アナフィラキシーショックの原因になっているのはどちらなのか突きつめてほしいです。

|

« めんどくせー仕事 | トップページ | サンプル入手と倫理 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絨毯のダニと食品のダニ:

« めんどくせー仕事 | トップページ | サンプル入手と倫理 »