« サンプル入手と倫理 | トップページ | うまくいかないマダニの定期調査 »

2013年9月 4日 (水)

PCO研修でのマダニの講義

 前のボス主催のベトナム人向けPCO研修は、今日の午後、私が講義をしました。たまたま昨日、日本から持ってきたマダニの標本が見つかったので、さっそく授業で使いました。吸血したタカサゴキララマダニのでかいこと。

 ダニは脚が8本で、昆虫は脚が6本あるとか、それでもダニは幼虫の時だけ脚が6本とか、基本的なことを中心に講義をしました。学生時代はこういう講義を馬鹿にしていたのですが、わかりやすく噛み砕くことが大事だな、と、先々週の研修コースで感じたので、用意しておいたスライドを作り直しました。講義中に、あ、ここももっとわかりやすくした方がよかった、と感じた個所はいくつかありましたが。
 おおむね好評でしたが、予定より早くに終わってしまいました。特に、最後から2枚目くらいのスライドを説明している最中に携帯電話で会話している人が出たので、そこから集中力が切れてしまいました。英語で講義をするとかなり神経を消耗するのを実感しました。
 
 

|

« サンプル入手と倫理 | トップページ | うまくいかないマダニの定期調査 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCO研修でのマダニの講義:

« サンプル入手と倫理 | トップページ | うまくいかないマダニの定期調査 »