« ハノイ動物園でネズミの実習 | トップページ | 学会、報告会が続くなか古内東子に癒される »

2013年9月19日 (木)

どうにか研修コースの修了式

Photo_5 夜明け前のトゥーレ公園です。なぜ、夜明け前にこんな場所にいるかというと決してキンマー通りのカラオケ屋で朝まで飲んでいたわけではありません。

 昨晩、動物園内に設置しておいたネズミの罠を回収しに来ました。

 なのになぜ、対岸にいたのかというと、一緒に回収に来たD君が動物園の一番奥にある事務所に行くのになぜか対岸でハノイ保健局の人たちを待っていたからです。

 彼らは正面の入口から車で入っていくのだから正面で待っていればいいのに、携帯でずっとやり取りしていながら、結局池の対岸から歩いて動物園に行きました。

Photo

 実は昨日罠を設置した時も、Yさんが日本から持ってきた罠を持ってくるはずのC君がD君との打ち合わせも全くなく、修了証の印刷に行ったきり戻ってこないので、バイタクでNIHEから現場に持って来させたのでした。
 今日も、Yさんがネズミの選別しないと作業が進まないはずで、かつ昨日の作業の最後に今日の段取りの打ち合わせをしたにもかかわらず、聞いていなかったかのように動物園内では仕事がすでに始められていました。

Photo_2

 はあー。
 
 62個の罠掛けで14匹と大漁だったのですが、結局、ど
うやってネズミを殺すかという
ち合わせもなかったの如く、我々が生きたままネズミを持ち帰ることになりました。
 
 しかしながら、帰りのタクシーの中でネズミが逃げたら困るのでYさんが一匹ずつ木製のトラップを首に押しつけて殺しました。
 
 予定より遅れて始めた解剖は予想より早く終わって、すぐに修了式を取り行いました。写真はNIHEの所長から研修生一人ひとりに修了証が手渡されているところです。
 あー、終わったー。

|

« ハノイ動物園でネズミの実習 | トップページ | 学会、報告会が続くなか古内東子に癒される »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうにか研修コースの修了式:

« ハノイ動物園でネズミの実習 | トップページ | 学会、報告会が続くなか古内東子に癒される »