« 偶然が重なってDさんの披露宴に参加決定 | トップページ | サイゴンタッチ2014 »

2014年4月25日 (金)

Dさんの結婚式

Photo_2  フレラボでアシスタントをしていて、無事NIHEの正職員になったDさんの結婚式が今日、彼女の実家のナムディンでありました。前にも書きましたが、偶然が重なって私はハノイから2時間半車に乗って行ってきました。彼女の両親はすでに他界されていて、式は彼女のお兄さんの家でとり行われました。子どもが多いのなんの。

Photo_3 予想はしていたのですが、すごい田舎でした。え、こんな狭い道を車で行くんかい、という私たちの不安も垣間見ず、何とか着いたのですが、のんびりした場所でした。家の周囲は田んぼと運河で、家の前の運河では、お兄ちゃんが小舟で子魚を取っていました。
 今日の私のベトナムデビューはガチョウの卵。今を去ること25年前にC県の新人研修で知り合った友人たちとフィリピン料理店に行ったのですが、その店の壁に貼り付けてあった料理がこれでした。ホビロンというそうです。孵化寸前のガチョウの卵を充分茹でて、食べるのですが、かじった後で中身を見なければどうってことはないです。味は確かにおいしい。
Photo_5 で、酒はビールかと思いきや、栓のところに枯れた葉っぱが差し込まれていて、色はちょっと乳白色がかっている液体が入っていました。その隣にあるのは旧正月の時に食べる何だっけ。で、3種類の日本で一番近い料理だとソーセージ。それから、肉と野菜の炒め物と茹でた鶏肉、伝統的で家庭的なベトナム料理です。
 Dさんはもう4カ月になる子どももいて、去年の7月に、子どもがいると

Photo_4

聞いた時には、えー、で、その後、シングルマザーになる、で、さらに、えー、と、なったわけでしたが、どうにか彼氏が結婚に承諾したので、めでたし、めでたし。
 Dさんはダメンズかつイケメンが好みだと聞いていたので(どうして俺じゃなかったのだろうか)、どんなチャラ男かと思っていたら、実際会ってみたら感じのいい彼氏旦那でした。ちなみに、Dさんの弟は沖縄っぽい顔立ちでした。
 両親がいないのもありますが、彼女は本当に苦労して幸せをつかんだので、本当に良かったと思っています。

|

« 偶然が重なってDさんの披露宴に参加決定 | トップページ | サイゴンタッチ2014 »

ベトナム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dさんの結婚式:

« 偶然が重なってDさんの披露宴に参加決定 | トップページ | サイゴンタッチ2014 »