« TJの送別会 | トップページ | ホウオウボクの花 »

2014年6月14日 (土)

ブラジルW杯初日

 W杯が始まりました。日本代表の試合は今度の日曜日です。テレビではサッカーの特集番組が連日放送されています。ちなみにうちの大家さんもようやく今日から日本の民放テレビを見られるようにしてくれました。

 おもしろかったのはNHKスペシャルでのスペイン代表シャビとイニエスタのプレーの大脳生理学からの分析でした。超一流の選手というのは卓越した技術や体力だけではなくて、空間の把握力や判断の早さがずば抜けていることがよくわかりました。シャビなんてフィールド上の全選手の位置が瞬時瞬時にまるで上から見下ろしているみたいに頭の中に描かれていて、しかも将棋や囲碁のように4手、5手先の選手の動きも予測しているようですね。
 ネットや週刊誌では日本代表の本田選手の調子が万全ではないのに、ザッケローニ監督が本田を信用し過ぎだ、とか、責任逃れのために本田に罪をかぶせるつもりだ、とか、早くも中傷に近い記事が載っています。
 昔、サッカー日本代表にとってW杯など夢のまた夢だった時代、W杯の後にはこれからの日本代表のスタイルはどうあるべきか、といった記事が載ったりしました。Jリーグにはブラジルからたくさんの選手や監督、コーチがやって来て、日本人選手の技術がうまくなったのにはブラジルの影響が大きかったわけですが、結局、日本代表のスタイルみたいなものはできなかったような気がします。いいか悪いかは別として、お隣の韓国が激しい、体力勝負のサッカーを昔から確立していたのとは対照的です。
 今回、イタリアから来た監督は、過去にイタリアで成功したシステムがあったにもかかわらず、それには執着せず、日本代表チームにあった戦術を起用してきました。FW、MF、BKが非常に近い距離感を保つこの戦術は、早くてうまい相手に対してひるむと選手間の距離が開いてしまいます。守備が弱いとかマスコミにたたかれて、選手たちは何度か戦術を変えようかと迷ったようですが、何人かの気持ちの強い選手たちが中心になってぶれずにこれまで代表チームを引っ張ってきました。
 点を入れられたら、取り返せばいい。
 ドイツW杯では、相手に逆転されると、選手の心が折れてしまったような印象があったのですが、今度の代表は何かやってくれるという期待が持てます。ザック監督が就任してからぶれずに自分たちのスタイルを貫いてきました。ようやく日本のサッカーのスタイルが確立しつつあります。
 W杯優勝。
 前に何度か書いたかもしれませんが、中学生の時に私が言ったら、兄貴にすごく馬鹿にされました。今、本田や長友はマスコミに平気でこの言葉を口にします。前回、ベスト4と言っていましたが、一次予選を突破した時点で気持ちが緩んでしまって、結局次の試合で勝てなかったことを彼らは非常に悔やんで、その無念を晴らすために今回の大会に臨んでいると聞いています。優勝するくらいの気持ちがないと、大会を勝ち抜くことはできないと彼らにはわかっているのですね。
 STAP騒動で研究の世界は最近沈みがちです。サッカー日本代表が世界のひのき舞台で活躍して、世の中をすかっとしてもらいたい、そんな気分です。

|

« TJの送別会 | トップページ | ホウオウボクの花 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルW杯初日:

« TJの送別会 | トップページ | ホウオウボクの花 »