« 仕事のモチベーションと始末に困る人 | トップページ | 出てこない長靴 »

2014年8月20日 (水)

時間のかかる論文

 蚊の休眠の論文の初稿を書いて共著者の外国人に送ったものの、私の英語が拙くてイントロからマテメソを見終わった時点で疲れてしまったので、もう見たくないと突き返されたのは一月ほど前のことでした。自分はあなたより若いのに先輩研究者のようにこんなに苦労しているのだから、これ以上のことはラストオーサーになっている前のボスに相談してくれ、というコメントが最後にありました。

 どうしたものかと考えて、結局私の考えた答えは、彼にもう一度結果以降も見てもらえるか頼んでみて、もしそれがだめだった場合は、彼に任せた解析ではなくて基本的な解析をやってから論文を書き直してみて、その後でその人のやった解析や作文(=英文)を削除して(もう一度修正前の原稿に戻して)、一つランクの低い雑誌に投稿するということでした。前のボスもそれで同意してくれました。
 英語の論文を書く能力が低いと思われても、あまり深く考えて計画した研究でなかったし、ましてや自分の英語の能力なんてたかが知れていると開き直るしかありません。それでも、今度の論文は出す価値が高いと思っています。

|

« 仕事のモチベーションと始末に困る人 | トップページ | 出てこない長靴 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間のかかる論文:

« 仕事のモチベーションと始末に困る人 | トップページ | 出てこない長靴 »