« 鹿児島と和歌山の先生から合気道の稽古 | トップページ | デング熱媒介蚊の駆除現場 »

2014年10月18日 (土)

蚊の休眠での科研費の申請

 殺虫剤試験が先週で一段落したこともあって、今週は科研の申請書を書くことに専念しました。とはいうもののポリッシュアップを希望する場合は先週の水曜日が締めきりだったので、予定よりもかなり遅れています。

  遅れた理由の一つとして最初はマダニの調査を計画していたのですが、今やっているマダニの調査がもう一年残っているので、マダニの計画書は来年に回そうと思ったわけです。あとはこれまでの自分の研究結果から、蚊の休眠の仕事を伸ばしていった方がいいのではないかと考えました。今の状態なら感染実験をやる限り研究費に困ることはありませんが、休眠をやるとなるとベトナム国外に出かけるだけでも大変です。
 今のところベトナムという、ヒトスジシマカの分布の中心部にいるわけで、休眠についても日本にいたら気付かなかった興味深いことがわかってきている感じがしています。

|

« 鹿児島と和歌山の先生から合気道の稽古 | トップページ | デング熱媒介蚊の駆除現場 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蚊の休眠での科研費の申請:

« 鹿児島と和歌山の先生から合気道の稽古 | トップページ | デング熱媒介蚊の駆除現場 »