« 蚊の休眠での科研費の申請 | トップページ | 査読依頼の多いネッタイシマカ »

2014年10月21日 (火)

デング熱媒介蚊の駆除現場

Photo  日曜日は朝早くに旧市街でデング熱媒介蚊の駆除をするというので、エントの友人のD君に頼んで見学させてもらいました。前から一度蚊の駆除をしている現場を見せてもらいたかったので、金曜日に北部のデング熱の情報室長をしているD君に頼んでみたら、彼があっさり話を通してくれました。やはり持つべきは友でPに頼んでも、書類がひつようだの、いろいろうるさいので、やはり持つべきは友です。

 今年は日本でも60年ぶりにデング熱が流行しました。来月長崎で学会があるので、現地ではどんな対策をしているのか、紹介しようと思っています。写真は旧市街のブティックで殺虫剤を噴霧しているおじさんです。薬品の入った噴霧器を背中に担いで、スプレーの部分は右手で持っています。この時は地元の保健所、厚生省の下の役所(PMCと呼ばれています)の人、それから実際に駆除をする人がチームとしてまとまって、合計7つのチームに分かれて作業をしていました。
 この日はその後、蚊の卵の休眠の観察と次の実験の準備でタッチラグビーにも合気道にも行けませんでした。まあ、テレビで「遺留捜査」の特別編があったので、それを見れたのでそれはそれでよかったのですが。
 運動をしたりなかったので、今日の夜、合気道仲間のフットサルに参加させてもらいました。前回に引き続き今回も後半に立て続けに点を取られて負けました。俺が出ると点を取られるのか、それとも皆後半に集中力が切れるのか。何かが欠けている気がします。

|

« 蚊の休眠での科研費の申請 | トップページ | 査読依頼の多いネッタイシマカ »

ベトナム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デング熱媒介蚊の駆除現場:

« 蚊の休眠での科研費の申請 | トップページ | 査読依頼の多いネッタイシマカ »