« ハノイ市内の蚊の採集調査を再び始める | トップページ | »

2015年9月17日 (木)

気持ちの和むフィールドへの車中

 ハノイ市内での蚊の採集は半分終了しました。調査する家への移動はそれほどでもないのですが、 4階建て、5階建ての家では屋上を目指して階段の昇り降りをするので結構疲れます。今日の助っ人の人は以前私と一緒に調査をしていた区の保健所の人で、今振り返るとよく仕事をしてくれたのですが、当時、私が彼女の調査の精度をまだ把握していなかったことや、一人で勝手に作業を済ませることを私が嫌ったこともあって、今回は一緒に屋上まで行こうと誘われました。疲れたから一人でやってくれなんて格好悪いところは見せられないので、老骨に鞭打って仕事をしなければなりません。

 それ以外にも案内人が全く訪問する家の場所をわかっていなかったりしてストレスはあるわけで、雨が降って中止にならないか昼食中もハラハラして、いろいろ作業の指示を出している最中にフレラボから半分どうでもいいような電話がかかってきたりして、帰りの車中はすごく疲れを感じることがあります。
そんななかで帰りの車中では 、私のアシスタントのHさんが日本語で何かを話したり、今回のいろいろな行政担当者と交渉をしてくれたC君が冗談を言ったりして、笑いが溢れて、気持ちが和みます。
 彼らには見えない部分で気持ちが救われます。

|

« ハノイ市内の蚊の採集調査を再び始める | トップページ | »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちの和むフィールドへの車中:

« ハノイ市内の蚊の採集調査を再び始める | トップページ | »