« 「下町ロケット」に通じる部分 | トップページ | 脳震盪と誕生日 »

2015年11月28日 (土)

実験中に不要な携帯

 今日の昼に元衛生動物・昆虫部の部長だったHさんの息子さんの披露宴に招待されたので行ってきました。ベトナムでは今回のように偉い人になると親の職場関係の人たちまで招待するので大掛かりな披露宴になるのは普通です。今回は長崎大の日本人スタッフ全員とエントスタッフ全員が招待されていました。

  別に関係ないやん、というのが私の本音なのですが、義理を欠くと面倒なので、いつもより早めにアシスタントのHさん達に実験に使う蚊を準備してもらって8時半から実験を開始しました。
 最近、蚊の調子が悪いのか、私の実験器具の洗浄が悪いのか、結果があまりクリアでないため、丁寧に作業を進めていたらいつもより時間がかかってしまい、11時ギリギリにようやく終了しました。
  その後、アシスタントの子達とタクシーで披露宴会場へ。今日は日にちがいいのか、どこでも披露宴を開いていました。
 さて、さっさと食事をとり、早めに披露宴会場から引き上げてメールをチェックしたのちにすぐに午後の実験に取り掛かりました。何度もシリンダーを洗浄して、実験に取り掛かった時、携帯のベルが鳴りました。秘書のTさんからでした。ベトナム人向けの研修コースをやっている日本の会社へ電話をするようにとの話でした。
 今、実験中だ、と答えた後は、それ以上返答する時間も惜しいので、そのまま実験を続けました。
 すると30分ほど経った頃でしょうか。再び携帯のベルが鳴りました。日本の事務からでした。「Tさんからの伝言をお聞きでしょうか、〇〇へ電話をおかけください。」
 思わず私の声がでかくなりました。
 「今、実験中なんです!」
 これまでの経験から一度やり始めたら連続的に終わりまで一気にやってしまった方が結果はクリアに出るので、その間の2時間弱はトイレにも立ちません。また2週間前から土日出勤してもらって準備しているので、その苦労を考えたらなるべく失敗はしたくありません。
 最後までやり終えて、急いでオフィスに戻ってメールを見てみると、P部長に連絡を取りたいので電話番号を教えてくださいというメッセージがありました。あいにく一昨日から彼は出張に出かけていました。
 その旨をメールで返信した後、怒りがこみ上げてきました。この要件のどこに緊急性があるのでしょうか。日本から催促の電話をよこすようなことなのか。
 正直言って、調査中、実験中は携帯の電源を切っていたいです。それをしないのは、もし、親に何かあった時に頼りになる通信アイテムはベトナムで使っている携帯電話しかないためです。私にとって仕事を中断するような要件はそれだけです。
 

|

« 「下町ロケット」に通じる部分 | トップページ | 脳震盪と誕生日 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実験中に不要な携帯:

« 「下町ロケット」に通じる部分 | トップページ | 脳震盪と誕生日 »