« 今年の年度末はきつかった | トップページ | 今回はブレがちなDさん »

2016年4月 3日 (日)

水難の相

 先々週の土曜日に実験結果の確認にNIHEに来たら、向かいのエントの大部屋が水浸しでした。金曜日の午後に断水だったのですが、スタッフの一人が大部屋で夕飯を食べて、鍋を洗おうとしたら水が出ないのでそのまま出しっぱなしにして帰ったからこうなってしまったようでした。あいにく鍋が排水口を塞いでいました。私のいるオフィスにも水が入っていました。

  アシスタントの子たちもまだ来てなかったので、しょうがないから実験の確認をする前に一人で床の水をバケツに入れて捨てる作業をやっていました。しばらくして、アシスタントの子たちがやってきたので、彼女の旦那でエントスタッフの一人も入れて総勢4人で大部屋と私のいる部屋と廊下の水を拭き取りました。
 昨日は、実験に使ったピペットを洗浄するために3年ほど前にスタッフのC君に作ってもらった洗浄装置の水を出しっぱなしにしてお昼を食べに家に帰って、2時過ぎに戻ってきたら実験室の床が水浸しになっていました。詳しい原因はわかりませんが、洗浄装置から漏れていました。
 とりあえず床の水を1時間近くかけてふき取りました。
 そして、今日、ベトナム中部での蚊の調査のために前回と同じホテルに泊まりました。夕方、ジョギングをしてからシャワーを浴びて、汗びっしょりのシャツやパンツを洗ったら、水道の水が止まりません。
 しょうがないのでアシスタントのDさんに電話をして、フロントに状況を説明してもらいました。すぐにスタッフが来てくれて、蛇口を交換してくれたので事態は収まりました。
 今、水難の相ありですね。

|

« 今年の年度末はきつかった | トップページ | 今回はブレがちなDさん »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水難の相:

« 今年の年度末はきつかった | トップページ | 今回はブレがちなDさん »